あしボク編集Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 北野武監督、最新作〜タケ死ス〜

<<   作成日時 : 2005/11/07 18:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

画像 昨日は久々に丸一日の休暇を取れたので、リフレッシュしに映画館へ。劇場で観ること自体に感慨深げな[井]ほどではないが、オレも映画館に足を運ぶのは半年ぶりくらいか。

「北野武がなにやらブッ飛んだことやってる」という声を耳にするので、『TAKESHIS’』のチケットを自腹で購入。「キタノ映画」では『キッズリターン』で完全に心を打ち抜かれちまってる。

「オレたちもう終わっちまったのかな」

「バカやろう! まだ始まっちゃいねえよ」

『TAKESHIS’』に話を戻そう。この作品、よくは知らんが、ベネチア国際映画祭でも賛否両論、喧々諤々とか。こういう話に加わるのは、とかく分析したり理由づけしたりを好む連中である。オレもそのへんの輪に加わりたいクチ。

 北野監督自身が発言した「タケ死ス」というキーワードを前提に置いて、本作を観た。いちお笑い芸人から世界的な映画監督に昇り詰めた「北野武」に対する自嘲めいた意志。鬱屈したビートたけしのモヤモヤを全感性で受け止めることに成功する。

 一体、何がタケシの中に起こっているのか。作品に込めた意志を感じた気にはなっても、さらにその先には突き当たらない。

 しいてありきたりな解答を模索するならば、「北野武のアイディアの枯渇」であろうか。やりたいことが見つからないのではなく、やりたいことが浮かばない。もし監督業に飽いたのならば、あの映像につながるだろうか。

 オレの出した答えは「タケシは壁にぶち当たった」。しかも本格的な。ここからタケシが惰性で映画を続けていくのか、それとも新しいキタノ映画を作り上げるのか。次の作品への興味は尽きない。

 果たして『TAKESHIS'』は、北野武のカタルシスである。

「オレたちもう終わっちまったのかな」

「バカやろう! まだ始まっちゃいねえよ」

[霜]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
TAKESHI映画、自分はあまり打ち抜かれてないっすけど、賛否真っ二つとかいうところが、興味深い。いままで“賛”に偏った声が多かった(ような気がする)からね。

Inoue
2005/11/08 13:22
私も大好きなセリフです。
つい先日、会社のhpの自己紹介ページで
引用させてもらいました。
ちなみに『まだ始まってもいねーよ』だったような
気がしますが、どうなんでしょう?
自分的には、この『も』が重要な気がしたんですが。
今度再確認したいと思います。
ajidan
2005/11/08 13:53
あまり“賛”の声が多すぎると、逆に信用できなくなっちまいませんか? そういう意味で「観よう」と思ったのも正直あります。

>ajidan さん

いえ、おそらく『も』であっているかと…。
自分はちょっとあやふやなんす(笑)
しかし、自分より一枚上手で好きなようですね。
あのメインテーマもぐっときますしねえ。
C級ボクサー
2005/11/08 22:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
北野武監督、最新作〜タケ死ス〜 あしボク編集Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる