あしボク編集Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS それぞれの聖夜

<<   作成日時 : 2006/02/18 23:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

 う〜ん、何を書こうか。20日(月)に行われる日本バンタム級タイトルマッチの挑戦者、木嶋安雄選手(角海老宝石)が、オレの友達のA級ボクサー、有木竜大に似ている話をしても仕方あるめえ。じゃあ、ちょっと記憶を戻してこんな話…。

 14日の、いや正確には日付けはすでに変わっていた夜、一人電車に乗り帰宅の最中だった。思い思いに聖なる夜を過ごしてきた人々で、車内はそれなりに込み合っている。自分の前には3人の親子連れが立っていた。髪を金色に染め上げた母親と、銀のネックレスをした父親。ハタチそこそこの若い両親だった。二人の視点の交わる先には、言葉もまだままならない2、3歳の息子が無邪気に戯れている。

 幸せそうな空間が突如一変した

 子供が泣き出した。その子の若い両親も、周りを取り囲む乗客も、幼子がただぐずりだしたと思ったに違いない。しきりに息子をあやす両親だが、わがままを解放する子供は泣き止まない。親として未成熟なのだろう。父親は泣き止まぬ息子を苦々しく見つめ、しだいにいらだちを顔に表していた。

 子供の様子はさらに激しさを増していった。

 同じような言語をしきりに繰り返し叫びながら、体中をばたつかせ、時に咳き込み、しだいにその場に倒れ込もうとした。あまりに泣きじゃくる子供のかん高い声に、周りの乗客も顔をしかめる。

 目の前で目まぐるしく動く変化を、オレはじっと注視していた。子供が何かを叫んでいる。オレには

痛い、痛いと聞こえるのだ。

 金髪の母親がなんとか子供をなだめようと抱き押さえるが、子供は愛する母親からなぜか逃れるようにして暴れる。子犬のような小さな手が空気を虚しくつかむ。その手はいつの間にかオレの方を指していた。子供とオレの目が合った。オレに助けを求めている、彼の感情が流れ込んで来た。

「ねえ、具合悪いんじゃない。大丈夫?」

 子供への憐憫の情に押し出されるようにして、父親に話しかけた。もしかしたら次の駅で降りて、病院に行くかも知れない、そんな期待を抱きつつ。

「あー、大丈夫です」

 父親は申し訳なさそうに、いとも簡単にオレの期待をかき消した。子供は泣くのを止めないのにだ。子供の泣き叫ぶ勢いは衰えることがない。タダ事ではない光景だった。子供の目、鼻、口から体液がとめどもなくあふれ出していた。

痛い、痛い

 その声を聞くことに耐えかねてヘッドフォンをして音楽を流し込んだ。もう一声、父親に異常を知らせることができない。オレにできることは、ただ自分の降りる駅に着くことを待つだけだ。そして、逃げるようにホームへ飛び出した。

 あれは一体何だったんだろう。幼い子供を持ったことのない自分には分からない。あれだけ親が落ち着いていたのだから、あの子は過去に何度かああいった感情の高ぶりを見せたことがあるのかも知れない。

 改札を出ると、中年の男女が口論していた。

女「ちょっとー! あんた家に帰りたいの、帰りたくないの? どっちなのよ!」

男「いや、あのー、それはさ…」

女「ちょっとー! あんた家に帰りたいの、帰りたくないの? どっちなのよ!」

男「いや、あのー、それはさ…」

 こんなことを繰り返しているようだ。女には、何か男を家に返したくない事情があったのだろうか。

 夜空に瞬く星のように、それぞれの聖夜は続いていた。

[霜]

 _/_/_/_/_/   _/_/_/_/_/   _/_/_/_/_/

※昨年12月15日に刊行しました白夜ムック『ボクサー亀田興毅の世界』でのプレゼント、ご応募の締め切り日は・・・2006年3月15日消印有効 です(発表は、各プレゼントを当選者に発送することでかえさせていただきます)。引き続きたくさんのご応募、お待ちしています!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
家に返したくない・・・とか言われてみたい。もちろん女(できれば若いの)に。

バレンタインデーも“聖夜”なんだっけ?
Inoue
2006/02/20 01:46
何が悲しいんだか、すぐに泣きますよ、こどもって。

Inoue
2006/02/20 01:50
“泣く”というレベルじゃないんですよ〜、あれは。

正式に“聖夜”かどうかは知らないのですが、聖人の記念日なので一応…。
C級ボクサー
2006/02/23 21:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
それぞれの聖夜 あしボク編集Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる