あしボク編集Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 酔いどれ前のひとりごと vol.81 拳聖ふたたび

<<   作成日時 : 2006/07/19 22:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像


vol.81 拳聖ふたたび


 このたび、8月31日発売で3冊目の『あしたのボクシング』刊行が決まりました。つきましては先生(なんとお呼びすべきか分かりません。本日は「先生」でご勘弁ください)の、ボクシングについての忌憚のないお話をアトランダムにうかがえないか、そのお願いでメールをさしあげた次第です。

 いつか先生の話をききたい、そして残したい、そう思っていたところ、急遽、3冊目の刊行の連絡を受けたので、それならばと思い立った次第です。編集者にはまだ了解をとっておりませんが、もしも、先生が、こんな物好き野郎に、多少なりとも貴重なお時間をさいてやろうというのであれば、編集者ともども、ご指定の日時、場所へ参上するつもりです。とはいえ、正直に申し上げますが、謝礼がどれほどなのか、わたくしは部外者で分かりませんが、おそらく憤慨されるような額しか出ないのではと思います。

“カネは二の次だ、そんなことよりボクシングへの思いを教えてやる”という、わたくしが勝手に想像する、先生の任侠と申しますか、そのような男伊達にすがって、お頼みする次第です。

 もしも、お気持がほんの少しでも動かれたのであれば、ご面倒さまでもご連絡願えないでしょうか。出来ますれば、お電話のほうがいろいろはっきりしたお話ができるかと思います。


 ・・・前後はいくらか省いてあるが、こんな卑怯で不躾なメールを出した。だめもとだったが、わずかでも期待するのは人情で、あきらめかけた1週間後、ケータイに見慣れぬ番号の不在着信があった。

 すぐに折り返すと、ご当人ではなかったけれど、承諾のご返事だった。それでも、だらしのないもので、謝礼のことにはわざと触れなかった。数日後、あらためて電話で打ち合わせをしたときに勝手な判断で低めの金額を伝えて、自己嫌悪。

画像 ともかく、「作家・安部譲二」にお会いして話をうかがうことができた。会ってよかった。ふつうなら見えない話を見ることができた。

 なんていうか、レコードブック的っていうか、記録の集積やデータから読み取る優劣といった、それはそれでその方面に長けた方がたくさんいて、恩恵を受けること大だけれど、一方で、暮らしとくっついているボクシングっていうか、そこにたとえウソがまじっていても、登場する人物の息づかいがするような話、ひそひそ話、そんなものが好きで、つまんないことほど聞きたい、みたいなとこがある。

 このあいだ、CDで若き日の立川談志の落語を聞いていたら、きょうは拳闘があって客の入りが心配だった、なんという文句があって、いったい誰の試合だろうと、その落語の日付を見たら昭和43年2月27日。

 で、データを追っていったら、ファイティング原田とライオネル・ローズの試合だったと突き止めて、なんの意味もないんだけれど、これで安心して眠れる…みたいな、そんな野郎なんだ。

 ピストン堀口のことを見知っている人がいて、こんど話を聞こうと思っていたら、その人が亡くなって聞けずじまいになり、今でも悔いがある、というようなことを前に書いたけれど、いろんな人からボクシングの話をききたい、という思いはまだまだ続く。

 安部譲二の知るボクシング、その一端を8月末発売の『あしボク』でどこまで再現できるだろうか。


▽バックナンバー
vol.80 重箱のスミ〜2006年7月号
vol.79 重箱のスミ〜2006年6月号
vol.78 重箱のスミ〜2006年5月号
vol.77 重箱のスミ〜2006年4月号
vol.76 重箱のスミ〜2006年3月号
vol.75 悪いのはだれだ? おれだ…
vol.74 オサム会長はおっきいのがお好き
vol.73 重箱のスミ〜2006年2月号
vol.72以前 夜明け前,カメダ・ワールド,重箱のスミ〜2006年1月号,逆転の貴公子,ほんの少しの恐怖,ジャブを出せ,ガッツ石松 vs ロベルト・デュラン〜もちろん架空〜エキジビション,最強という名の幻想,年間最高試合について,これぞ伝説,アリ、フレージャー、そしてフォアマン,だけどファイティング原田は好きだった,なんとなく空想対決[G.フォアマン vs B.サップ],拳聖....etc.


■酔田振男(よった・ふりお)
1953年生れ、東京都出身。街頭テレビで藤猛vsニコリノ・ローチェを見てボクシングに惹かれて観戦に通う。今はもっぱらテレビ観戦。ここ数年は週2回のキャバクラ通いに余念がない。(有)トランス企画社長。独身。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
歴史を出来るだけ書き残し
掘り起こし後世に伝えていくのは
今を生きる人の義務なんでしょうね。

素晴らしい記事と
今後の歴史伝承作業に期待しています。
...
2006/07/20 17:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
酔いどれ前のひとりごと vol.81 拳聖ふたたび あしボク編集Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる