あしボク編集Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 渡辺俊介の《スポコン講座》 第8回[冷え取りのすすめ]其の三

<<   作成日時 : 2007/02/07 22:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 3

画像
拳闘好き整体師による《スポーツ・コンディショニング講座》

第8回[冷え取りのすすめ]其の三

★☆実践しよう・後編☆★


まずは腹八分目

 私自身、自分の体を実験台にして3カ月単位で色々な食事療法を試したことがありましたが、どの食事療法においても必ず言われるのが食べすぎはよくないということです。

 冷え取り法においても食べすぎは冷えのもとと言われています。

 耳の痛い話かもしれませんが、統計的に“小食の人”や“よく歩く人”が生活習慣病になりにくいのは、疑いの余地がありません。

 もちろん、大食の人が長生きすることもあれば、運動しない人が長生きすることもあります。

 ○○さんも大食いだったけど、長生きしたから大丈夫だ――

 と、特に身内にいる場合、自分の都合のいいように解釈しがちですが、もとの遺伝子から強い人の真似をしても同じ結果にならないことが多いです。

 理屈としては、ガードをしなくても相手のパンチをかわせる天才系ボクサーの真似をして、痛い一発を貰うのと同じなので気をつけましょう(笑)。

温かいものを飲もう

 これは特に夏場の話ですが、冷たい物の取り過ぎは、やはり体を冷やしてしまいます。喉越しはよくても、お腹を冷やしてしまうため、余計に“のぼせ冷え”がひどくなってしまいます。

 そうすると上半身が火照ってくるので、余計に喉が渇く → 冷たいものを飲む → また喉が渇く → 冷たいものを飲む ・・・

 の悪循環になってしまいます。

 そして、腸の働きが悪くなり、細菌などを殺せず解毒をする肝臓に負担がかかりすぎてしまいダルさが続くのが夏バテです。

 多くのボクサーたちは、毎日仕事を終えてからジムに来て30度を超える中、練習をやっています。経験的にわかっている選手もいるようで、冷たいものを摂らないよう意識している選手もいます。

 他のスポーツで言えば、ヤンキースの松井秀喜選手、ソフトバンクの王貞治監督や巨人の長嶋茂雄終身名誉監督が現役だった頃も、夏場の練習、試合後でも決して冷たいものを口にしなかったと聞きます。

 暑い季節でないこの時期に言ってもピンとこないかもしれませんが(笑)…急に夏場に温かいものを飲み続けるのは大変だと思うので、まずは1〜2週間の単位で試してみてください。体調の変化がわかると思います。

 私の場合は、アイスクリームなどを食べた後に白湯を少し飲む、寝る前(冷房で冷えるため)に白湯を飲んでから寝るなど、普段は常温のものを飲むように工夫しています。

体を温めるもの、冷やすものとは…

 最後に体を温める食材、冷やす食材を紹介しておきます。この分類はいろいろな本でなされていますが、著者の考え方で微妙に違っています。最大公約数的に、ごく簡単に分類したいと思います。


画像


 私自身は、どちらかと言うと消化に負担をかけない食材選びをしているので、冷やす食材を摂ることも多くあります(具体的に言うと、生野菜を多く摂ります)。

 また冷え取りとして、生姜湯をよく飲みます。私は生姜のみですが、お好みではちみつを入れたり、紅茶に生姜を入れたり、いろいろ工夫してみることをお勧めします。

 次回からは減量ダイエットと絡めながら「食」に関する話について触れようと思います。

<参考文献>
万病を治す冷えとり健康法(進藤義晴・著/農文協)
どんな病気でも「温めれば治る!」(石原結實・著/ワニ文庫)


▽バックナンバー
第7回[冷え取りのすすめ]其の二「実践・前編」
第6回[冷え取りのすすめ]其の一「冷えの概念」
第5回[目のトレーニング&コンディショニング]其の四「視野を広げる」
第4回[減量と体重]について、少し…
第3回[目のトレーニング&コンディショニング]其の三「眼精疲労の緩和(後)」
第2回[目のトレーニング&コンディショニング]其の二「眼精疲労の緩和(前)」
第1回[目のトレーニング&コンディショニング]其の一「動体視力」


■渡辺俊介(わたなべ・しゅんすけ)
1977年2月生まれ、静岡県出身。整体師、生活習慣病予防士。明治大学政治経済学部在学中より整体、気功などを学び、現在静岡県静岡市で整体院を開業している。ボクシングにはまり込み、自らも趣味としてジムで汗を流ながらプロ選手と交流を深める日々。



あしたのボクシング (No.2)
あしたのボクシング (No.2) (白夜ムック (259))

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
東京都 整体
東京都 整体 ...続きを見る
東京都 整体
2007/02/09 07:40
治療家ビジネス実践講座を開催いたします。
はじめまして、治療家の皆様のお悩みが同じでしたら、きっとお役に立つことが出来ると思います。もしご迷惑な様でしたら、お手数をおかけいたしますが、削除してくださいませ。 ...続きを見る
☆治療家が次のステージに行くセミナー(残...
2007/03/02 20:13
紅茶コーディネーター資格とは?
紅茶コーディネーターは、レストランや紅茶専門店、ホテルのティールームなど各方面 で優雅なティータイムを演出できるスペシャリストです。ワインのソムリエのように、お菓子や料理に合った紅茶をアドバイスしたり、紅茶専門店で茶葉の選び方や美味しい入れ方を指導したりと、紅茶コーディネーターの活躍の場は多彩です。その他にも、喫茶店を経営されている方や紅茶教室の講師として活躍したい方など、「紅茶コーディネーター」の技能は様々なシーンで役立ちます。 ...続きを見る
自動車保険等級を知ろう
2007/05/14 21:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
生姜は暖めるから良いそうですね。漢方の薬の実に七割に生姜が入ってると聞きましたがどうなんでしょう。食べすぎが冷えを呼ぶのは始めて聞きました。

2007/02/08 18:55
せっかく鍋を食べても、たらふくじゃいけないんですね。
C級ボクサー
2007/02/08 19:21
>bさん
漢方の勉強も昔やったのですが、
漢方の実の七割に生姜が入っている
というのは知りませんでした。
薬剤師の資格を持っていないので
証をたてる理論の勉強しかしていない
んですよね。

また、漢方と生姜の関係も調べてみます。

>C級ボクサーさん
食べ物を消化するのに
かなりのエネルギーが使われるんですよ。

次回、その次あたりで
その辺の事を書いていこうと思います。
渡辺
2007/02/08 20:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
渡辺俊介の《スポコン講座》 第8回[冷え取りのすすめ]其の三 あしボク編集Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる