あしボク編集Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS Mayweather - Hatton 写真日記《その6》

<<   作成日時 : 2008/01/08 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 先日のLas Vegas3泊5日の単独行、数だけは撮ってきた写真を適当に並べる、遅れた写真日記。

 その6はようやく! 12月8日の【試合当日編】です――。

←←←その5は←←←こちら

画像 ふだんできない早起きをふつうにして、MGMグランドへ。

 ホテル内のいろんなところにポスターや電飾看板、コマーシャル映像をあふれさせるだけではあきたらず、ゲーム台にまで・・・はるばる日本から見に来ている身には、こんな風景に会えることすら楽しく、うれしい気分になれる。

※朝のカジノはまだ人もまばら、というよりぜんぜん人がいないエリアもあるから撮れた絵だ(プレーヤーがいるときにカメラなんか向けたら…どうなるんだろ)。


画像 メディアセンターで仕事(ブログ更新)をしたり、土産を買いに出るなどの用事を済ませ、夕方いよいよ試合会場――グランドガーデン・アリーナへ。

 あとで発表された入場者数は、16,459人!

 きのうの計量時以上のイギリス人たちの“人いきれ”を感じる。

画像 アリーナ四隅にあるビジョンにハットンが映れば、まさに割れんばかりの大歓声で、メイウェザーが映れば、盛大なブーイング――の繰り返し。

 ちょっと退屈だったセミファイナル中、両雄の会場入りや控え室での様子が映ると、ボルテージが上がった。

 そしてひっきりなしに『Winter Wonderland』の替え歌を熱唱。まだリングに上がっていないハットンに声援を送っている・・・。


画像 米英両国国歌の独唱(こちらでは両選手入場前にやることが多いみたい)では・・・

 イギリス国歌のときはトム・ジョーンズと一緒にみーんなで大合唱し、つづくアメリカ国歌のときはみーんなで、ずーっと、ブーイング。

 こういう対決では当たり前の光景なのかもしれないけど、ここまで行儀が悪いとは…。

 紳士の国じゃなく、フーリガンの国、なんだな…。


 そして両雄入場、MCによるLet's get ready to rumble〜〜〜なアナウンスもすんで、いざ試合・・・の写真はナシ(Photographerでない取材者が試合場でゴツゴツしたカメラを持っていると叱られてしまうんであります)。

 なので、試合の写真はこちらあたりを。


画像 メイウェザーが“歴史的”な左フック(大げさか…)のカウンターをハットンに浴びせ、10ラウンド1分35秒で試合は決した。

 騒ぎ放題騒ぎつづけるイギリスからのファンを黙らせたプリティボーイに、あらためて感服。

 無理してやって来てよかった。いいものを見せてくれた両雄に、あらためて感謝だ!

◇   ◇   ◇

 12月8日“試合当日編”は、以上。

 まだ続く? みたいだ。・・・またこんど

[井]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
まだまだ希望します。前日に戻ってもいいです(笑)

米国歌の時のブーイングは流石に英国メディアも怒ってましたね・・・サッカーの時と同じだ、それは良くないって言う感じで。総じてあの雰囲気は好きですが、肝心な場面での相手側への敬意はもっと欲しいです。でもやっぱあの突き抜けた騒ぎっぷりは面白い・・・(笑)
b
2008/01/10 01:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
Mayweather - Hatton 写真日記《その6》 あしボク編集Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる