あしボク編集Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ

<<   作成日時 : 2008/12/02 23:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 1秒に4文字、字幕版と吹き替え版とでは訳し方(表現の仕方)がちがう、最近の日本人の日本語表現そのものに対する意見などなど、いろんな意味で勉強になる一冊だった。

 へぇ〜
 なるほどね…
 I think so.

 なんて思いながら読み進め、途中ある話題に触れたときに思い出したことがあった。

 出張先のビジネスホテルで見た映画(の字幕訳)。

 その作品は・・・・『ヤンキース・ドリーム〜ジョー・トーリ物語〜』(原題/JOE TORRE STORY : CURVEBALLS ALONG THE WAY)。

・・・つづく

[井]

字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ (光文社新書)
光文社
太田 直子

ユーザレビュー:
日本人の言葉の貧困は ...
翻訳者を目指す人にと ...
読み取ってほしいエッ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ
楽天ブックス
光文社新書 著者:太田直子出版社:光文社サイズ:新書ページ数:219p発行年月:2007年02月この


楽天市場 by ウェブリブログ



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ あしボク編集Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる