あしボク編集Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 「近藤vs.三垣」観戦記 ..... デザイナーズ・カット

<<   作成日時 : 2009/08/05 22:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 何度かこのHP上で、デザインしたポスターを紹介させてもらっているajidanこと、広告デザイナーの安藤です。唐突ですが、8月1日(土)の「第468回ダイナミックグローブ」を観戦、初レポートに挑戦させていただきました。

画像

☆第1試合:バンタム級6回戦
 和氣 年邦(M.T)vs. 笠原 健人(ワタナベ)

 シューズがナイキ、頭にもナイキマークが刈り込まれている4勝(2KO)8敗2分の和氣(わけ)が終止アグレッシブに攻撃するも、バッティングによる出血で再三試合を 止められついに最終ラウンド途中でストップ。

 和氣に分があるように思えたが、負傷判定は的確さで勝る笠原に。笠原は5勝(1KO)1敗。

 この時点で会場は7〜8割の入り。出足好調。


☆第2試合:バンタム級6回戦
 野中 孝政(M.T)vs.工藤 洋平(角海老宝石)

 29歳、9勝(3KO)3敗のサウスポー野中。初回、左ストレートで攻勢。が、2回になるとスタミナに不安があるのか急激に手数が落ちる。

 次の回も工藤の手数が勝り、4回終盤工藤の右アッパー(多分) で痛烈なダウン。そのままストップ。

 工藤は6勝(3KO)1敗1分。
※野中選手の戦績がパンフレットでは9勝(3KO)3分になっていましたが正しくは上記です。申し訳ありませんでした。


☆第3試合:契約ウェイト72.0キロ 6回戦
 カルロス・リナレス(帝拳)vs.タク・ハリウィヤント(インドネシア)

 試合前から、兄ホルヘ一家がリングサイドに陣取り観戦。

 インドネシア・・・。国籍で選手を判断するものではないが、いやな予感。リングに上がったタタクのボディラインを見て、予感は確信に変わった。

 開始早々ローブローを浴び自コーナーでのたうちまわる姿を見て絶望。

画像 ほどなくカルロスの連打を浴び、試合は終了。今後もこのクラスでの対戦者探しは苦労しそうだ…。


☆第4試合:
 ウェルター級8回戦
 高山 樹延(角海老宝石)vs.和田 直樹(花形)

 2008年全日本ウェルター級新人王の高山。ノーランカーながら14戦とキャリアのある和田を全く寄せつけず2回KO勝ち。これでデビューから9連勝。

 KO勝ちは3つと少ないが、数字以上に力強い攻撃は今後注目株。23歳と若いので2〜3年後が楽しみだ。


☆第5試合:ライトフライ級8回戦
 瀬川 正義(横浜光)vs.田口 良一(ワタナベ)

 初回。両者共にスピーディでパンチへの反応が速く、容易にヒットを許さない。

 早くも判定の予感。序盤、同級2位で16勝(6KO)2敗と、キャリアと実績のあるサウスポー瀬川が、引き出しの多さと手数の多さで攻勢。

 ここまで9勝(3KO)無敗の田口も6回に好打を見せ瀬川の腰を落とすも、結果及ばず。勝利は判定3-0で瀬川に。上を目指すならインパクトある「何か」が欲しい。


☆第6試合:バンタム級8回戦
 井川 政仁(角海老宝石)vs.冨山 浩之介(ワタナベ)

 冨山は世界戦からの再起戦。ピンクのトランクスが眩しい。井川はノーランカー。

 初回、早くも格の違いを見せつけ力強い右でダウンを奪う。しかしその後は井川の健闘もあり、勝敗は判定に。

 大差3-0で冨山の勝利だけど…相手はノーランカー。この試合に限って言えば『世界』を感じさせるものではなかった。次以降に期待。


画像

☆メイン:日本ライト級タイトルマッチ10回戦
 三垣 龍次(M.T)vs.近藤 明広(日東)

 月間賞の表彰(OPBFスーパーフェザー級チャンピオン内山高志=強い・かっこいい・喋りも上手い)のあと、いよいよメインイベント。

 客席はほぼ満席で、両陣営応援団もかなりの熱気。風貌・身のこなし・佇まいなど私好みのチャンピオン三垣。挑戦者近藤も引き締まったいい面構え。

 レフェリーは心優しきビニー・ マーチン(元日本ミドル級チャンピオン)。

 慣れないカメラを構え、ファインダー越しにリング中央に歩みよる両者を見る。

 ゴング。数発のパンチ交換。やっぱり腰を据えて観戦しようとカメラをバッグに入れ、生の視線に戻した刹那、挑戦者コーナーで王者が揺れている。すかさず両者の間に割って入るレフェリーは試合終了のポーズ。

画像 開始わずか45秒!! 衝撃の結末だった。でもなァ、う〜ん・・・・確かに効いていたけど、ダウンをとってもよかったか。

 結局どのパンチが当たったかもわからず、勝利者インタビューも聞かないで、そそくさと事務所に戻るという間抜けな観戦(レポーター失格!?)。

 結局ただ純粋に観戦することが一番楽しいと、至極当たり前のことを再確認し、この日最後の仕事である「やきとり屋さんのお弁当チラシ」500枚を神奈川県のF駅へ納品すべく、某駅センター街をとぼとぼと歩くデザイン屋であった。

 おしまい。

[安]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「近藤vs.三垣」観戦記 ..... デザイナーズ・カット あしボク編集Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる