あしボク編集Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 「感動をありがとう」はありがたくない

<<   作成日時 : 2010/07/02 23:45   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6

 カメルーンとデンマーク相手に勝ち点6、オランダには敗れたものの最少失点ですませ、2勝1敗でグループ予選を突破――で、8強進出をかけた決勝トーナメント初戦ではPK戦の末、パラグアイに敗れた日本。

 自国開催以外では引き分けるのが精いっぱいだったこれまでに比べたら、大躍進だ。おおいに善戦健闘したといっていいだろう。

 でも・・・今回だけじゃないけど、帰国してからの「感動をありがとう」的な合唱には辟易する。

 負けたからといって頭からケナせとは言わないし、ねぎらう必要がないと思っているわけでもない。

 しかしもう少し、目標としていた「ベスト4」の2ステップも手前で敗退したことや、個々の試合に対しての追及があったっていいだろうに、と思わずにいられない。

[井]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
正論だなあ。
俺もそう思うよ。
でも、ぼちぼち冷静な議論が出てくるのではないか?
アンチ・フットボールという記事もあったし。
サッカーも好き
2010/07/03 10:41
日本人て本当におめでたい国民性なんですよね(笑)
まあ、未来への種は残せた大会だし、健闘は大いにねぎらってしかるべき。
でも「奇跡」って…。
CQ
2010/07/03 12:05
これはボクシングにも言えます。

思い出したのが某中年選手が予想外のダウンを奪ったタイトルマッチがあったんですが、とにかく「感動をありがとう!」のラッシュには辟易しました。勝ったわけじゃないんだし、技術的批評とか敗因分析とかもうちょっとしっかりやったらどうなんだ?と思いました。
こういう事もあるから弱い選手でも世界に挑戦したっていいんだ!などという馬鹿な物書きもいたっけ・・・どうか当ブログ主様は、こういった薄っぺらな論調ではなく正論を貫いていただきたいです。
c.i
2010/07/03 18:18
まぁ、元々だれも本気にしてなかった目標ではありますけどね(苦笑)、ベスト4。やる前は1次リ−グ突破はおろか3戦全敗日本サッカー最期の時とまで言われてましたし、事実強化試合で負け続けてたんだから今回の結果は上出来な気もします。無論今回の結果に気を良くする事無く試合内容を反省しレベルを向上させる努力は必要だと思いますし、日本代表がそうするであろうとは思いますが。
ishi
2010/07/03 20:18
まだ、サッカーが強いと認知されていない証拠です。
アジアでも中国を始め、新しい勢力の台頭で近い将来、予選突破が目標になる時代が来るかも?
RYU
2010/07/03 20:46
こんなときしか話題にしないワイドショー系のテレビが中心になった「感動」の安売りで、仮に3連敗して帰ってきたとしても大差ない反応をするんだから、気にする必要ないといえばないんですがね…。
[井]
2010/07/05 18:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
「感動をありがとう」はありがたくない あしボク編集Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる