あしボク編集Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 怪優の名コメント

<<   作成日時 : 2010/09/09 23:45   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 今週11日(土)公開の映画悪人に出演している俳優・柄本明の、このインタビューがおもしろかった。

http://doraku.asahi.com/hito/interview/index.html?bnum=156


 記事の冒頭、出演するシーンや語るセリフが心に残ったという問いかけには、

台本に書いてあるセリフをただ「言ってるだけ」なんですけどね(笑)。役者っていうのは、そういう仕事ですから。それ以上でもそれ以下でもないと思っているので〜

 じゃなんで心に残るシーンが生まれるのかと聞けば、

いや、絶対に残らない。いつか絶対に忘れるから大丈夫(笑)〜

 あえて、わざとこういう答え方をよくするのかどうか、一見やる気なさそうなことを言ってくれる人、けっこう好きだ(笑)


 ほか、どういう質問からの答えかというのは直接読んでもらうとして、印象に残るコメントをいくつか抜粋。

僕は、職業っていうのは人を狂わすって感じがしてならないんだよね。社会はよく「自分の職業に誇りを持て」とか言うでしょ。その感覚が何とも人を狂わせるっていう気がしてしまう〜

自分のやっていることはすばらしいと思った瞬間に、人はダメになてしまう。特に役者なんてそうでしょう〜

人間の大事な何かっていうのは、そのアマチュア性にあると思うんです。これをやることでお客が来るとか、お金がもうかるとか、そういう邪念のないところで、純粋にただやりたいから突き進む、突き詰めていく。そういうアマチュア性があるからこそ、プロとしての仕事ができるんじゃないかと〜


「ごめんね、質問の答えになってないね」

 なんて取材対象者が言ってくれちゃうような問答を楽しみたい。「答えになってない」答えをされながらも、独特の表現ができるボクサーやボクシング関係者のインタビュー記事を作ってみたい…と、少し思った。

[井]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
怪優の名コメント あしボク編集Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる