あしボク編集Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS アーロン・プライアーと亀田昭雄の《再会》を読む

<<   作成日時 : 2010/11/15 11:15   >>

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 5

 講談社から刊行されている『神様のリング』(林壮一 著)を読了。

画像 1982年7月4日――

 アメリカ・オハイオ州シンシナティーで、《キング・オブ・ジュニアウェルター》と謳われたアーロン・プライアーに日本の亀田昭雄が挑み、ダウンを奪う健闘をしながらも敗れた、WBA世界ジュニアウェルター級タイトルマッチがこの本の軸だ。
 
 書名だけでは中身がわかりづらいけれど、INTERNAITONAL BOXING HALL OF FAME――名誉の殿堂入りも果たしている男が望んだ、日本の挑戦者との再会。

 一方的な試合という評価が定着しているこの一戦も、勝者に言わせればそうではなかったという意外な事実、著者と両雄との縁、再会に至るまでの新たな出会いetc. etc.


 そんなこんなが詰まった、なつかしく、ちょっと痛々しい現実に悲しさも覚える秀作だった。


http://www.hawktime.com/

[井]

神様のリング
講談社
林 壮一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 神様のリング の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

神様のリング
楽天ブックス
林壮一講談社この著者の新着メールを登録する発行年月:2010年11月登録情報サイズ:単行本ページ数:


楽天市場 by 神様のリング の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
発売日当日に買い、一気に読みました。20数年前、高田馬場の某ジムに練習に来ていた某大手ジム所属元日本ライト級王者の方が、亀田昭雄氏を「あの人は天才だ」と言っていたのを思い出しました。しかし、本当に練習してなかったのですね・・・。いろんな事を思い起こさせてくれた、すばらしい一冊です。
ajidan
2010/11/15 15:13
歩いて走れて三半規管が普通に働いていれば、誰だって日本チャンピオンくらいなれる・・・のセリフもすごいですな(笑)。
[井]
2010/11/15 22:59
プライアー、なつかしいな。
セレナ
2010/11/17 00:48
 ありがとうございます! 
   By著者
Soichi Hayashi Sr.
2010/11/17 06:21
売れてる?
パケ
2011/01/06 20:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
アーロン・プライアーと亀田昭雄の《再会》を読む あしボク編集Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる