あしボク編集Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 雑感――World Premium Boxing 15

<<   作成日時 : 2012/04/12 01:20   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

 今回の"World Premium Boxing"は、年齢による衰えとの闘いだった……というのは私自身の話で、加齢によるものかどうかはわからないのだけど、近年すこぶる物覚えが悪くなっていて、テレビ放映の日時を覚えているかどうか、はたまた録画できているのかどうか、という心配があった。

 ちなみに、4月4日に行われた世界戦にはまったく興味がなかったため、案の定、帰宅してからスポーツニュースを見て「ああ、そういえば今日か」と気づいた。

画像 だが"World Premium Boxing"に関しては、そういうわけにもいくまい。ダイジェストとはいえ、長谷川穂積のカムバック(といってもさしつかえないだろう)は大いに気になっていたし、山中慎介の左がビック・ダルチニャンをひっくり返すと思っていたので、そのシーンを見逃すのはもったいないからだ。

 まずテレビにはこの興行のメイン格と思われる、山中とダルチニャン戦が映し出された。山中とダルチニャンの凄さを前フリで伝えきることは、放送時間が許さないのだろうが、やけに試合の導入部があっさりしていたと思う。

 私は入場シーンがとても好きで、日本人であれ外国人であれ、入場シーンはしっかり見せてほしいと常々思うのだが、そういった欲求を満たしてくれることもなかった。自分ではマニアックな要求だとも思わない。それでも、一ファンの要求に応えるには、タダの地上波ではなく、やっぱり有料チャンネルでなければダメなのかな。

 山中はうまく戦ったと思う。おそらくは作戦を忠実に実行したのだろう。フットワークもよかったが、相手の必殺パンチであるオーバーハンド気味の左ストレートに勇気をもって自身の左をかぶせていき、これによってダルチニャンの警戒心をあおったように思えた。4ラウンドが終わった後の感想で、途中採点はダルチニャンの1-0だったが、ペースは山中のものであり、判定で山中の手が挙がることが想像できた。

 冷静に的確にアウトボックスできるのは、ボクサーとしての能力の証だと思う。海外の一流どころは、好戦的なボクサーでも、アウトボックスさせるとなめらかである。だが、せっかくダルチニャンを呼んだにもかかわらず、山場もなく(しいていえば、後半に山中の右パンチで、ダルチニャンが腰を落としたところか)、盛り上がりに欠ける試合に終始してしまったのは惜しい。

 ダルチニャンを倒しにいこうとするも、陣営に無理をしないよう止められた、という記事を後日読んだ。ここで勝負にいかずとも「ダルチニャンに完勝」という事実のみを手に入れ、改めて勝負をかけるマッチメイクを模索する、という判断からなのだろうか。だがそうだとするならば、せっかく地上波で流している、多くの人の目にとまるチャンスに、そんな悠長な事情を持ち込んでいいのか、疑問だ。

 駆け足になるが、残り2試合について――。

 粟生隆寛は、世界チャンピオンとして十分な職責を果たしている。ケガも少なく、ランキング上位と年数試合のペースをこなす。

画像 判定になればいつも冴えない顔で勝利の名乗りを上げるこの世界チャンピオンに、いささか同情している。せっかく夢だった世界チャンピオンになっているのだから、もっと世界チャンピオンであることを楽しんでほしい。たとえば、塩試合でも思いっきり派手に喜んで、逆に観客をあ然とさせてはどうか。ポカンと口を開けている間抜けな顔を笑ってやればいい。要するに優等生なところが、ボクサーとしての魅力をさらに削いでいるのだろうから。

 長谷川穂積。まだまだ名前だけで客を呼べるボクサーだと思う。ダイジェストではあったが(深夜の完全版、見逃した…)、相手を血まみれにさせてKO勝利をもぎ取るところに、このボクサーの非凡さを感じる。

 もしかしたら、この日一番盛り上がったのは他でもなく、長谷川の試合だったのかも知れない(会場には行けなかったが)。相手をコーナーに追い詰めてガムシャラにパンチを放つ姿は、自身の心のモヤを振り払っているようにも見えた。

 名世界チャンプに失礼を承知で書くと、いまだ自分探しの旅≠フ途中、か。

[小]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
だったらチケット買って生で見ろよ!って思う。清水に興味なしと断言しておいて、さらにテレビ観戦のくせにせこいよ。どんだけ図々しいんだか。
SPIKE
2012/04/13 01:10
4日の放送に興味をなくしたのは、清水選手ではないほうが要因でありますが…山中選手はもっと熱い試合ができたと思いますし、そういう試合の積み重ねがボクシング人気向上につながると考えています。
CQ
2012/04/13 21:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
雑感――World Premium Boxing 15 あしボク編集Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる