あしボク編集Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS マック田口の《長谷川穂積 祝勝会》手記

<<   作成日時 : 2016/11/30 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 11月26日(土)、神戸ポートピアホテル。6年前にWBCフェザー級王座を獲得し、世界2階級制覇を達成した日でもあるこの日に行われた、《長谷川穂積選手 WBC世界Sバンタム級タイトル奪取 三階級制覇記念祝勝会》。本人も「何か面白いことをしゃべろうと考えていたんですがあまりに人が多過ぎて、なんかスベるのが怖くてなってきた…(笑)」と言うほど、関係者やファン約700人が集った盛大な会にマック田口も"参戦"!

_/_/_/_/_/   _/_/_/_/_/   _/_/_/_/_/

「まさか6年後にボクシングをやっているとも思っていなかったですし、またこうしてベルトを奪取できるとは思っていなかった。自分が一番びっくりしています」

 3階級制覇&国内男子最年長王座奪取(35歳9カ月)となった9月のウーゴ・ルイス戦については――

画像「すべてをかけて戦った試合。ケガもしましたし、不利な状況でしたけど、気持ちがあれば何とでもなるんだなと、より実感できた試合だと思います」

 と語り、3つめのベルトを肩に掛けたチャンピオン。

 そして所属する真正ジムの山下正人会長も壇上に。「17歳の頃から一緒にやってきました。二人でジムを開いて、良いことばかりじゃなかったですけど、こうやってみんなに祝福されて最高です。これまでの長谷川の頑張りをボクシングの神様はやっぱり見てくれてたんだなぁと思いました」と、出会いから今日までを振り返った。

 兵庫県知事や著名人、そして東洋太平洋ミニマム級チャンピオン山中竜也、東洋太平洋スーパーバンタム級チャンピオン久保隼、IBF女子世界ミニフライ級チャンピオン多田悦子ら現役のタイトルホルダーもかけつけ、偉大な先輩ボクサーを祝福。

 使用グッズも出品されたチャリティオークションや抽選会などファンとの交流も盛況で、笑いの絶えない素晴らしい祝勝会だった。


 私は幸運にも2005年6月に行われた「WBC世界バンタム級チャンピオン長谷川穂積 祝勝会&ベルト授与式」にも取材させてもらっており、それから10年以上たった今回も祝福の場に参加できて本当に感無量。

画像

 真正ジム後援会・神行武彦会長 、同後援会の皆様、真正ジムの山下会長、江藤日出典会長代行、スタッフの皆様にあらためて感謝……本当にありがとうございました。

《文中敬称略》

[あしボク特派・マック田口
 Makoto "Mac" Taguchi

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マック田口の《長谷川穂積 祝勝会》手記 あしボク編集Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる