イーグル不覚

画像 WBC世界ミニマム級チャンピオン、イーグル・デーン・ジュンラパン(角海老宝石)が、母国タイのバンコクでオーレードン・グラティンデーンジムを相手に5度目の防衛戦に臨んだが・・・

 フルラウンド闘い、3-0(115-114,115-113,117-112)の判定で、オーレードンの手が上がった。

 母国で凱旋防衛濃厚と見られていたけど、王座陥落・・・どうしたイーグル!?


 来週12月3日(月)放送のWOWOWで要チェックかな(録りっぱなしにならないよう努めるべし)

※イラスト提供:ajidan
 Illustration by ajidan

[井]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年11月30日 01:23
オーレイドンは無敗だし指名挑戦者決定戦の無敗対決でも勝利してるし素晴らしい選手だったんですよ。勝利の可能性が高いと思われていても、格下と言う相手ではないし仕方がない。まぁ日本での試合に慣れたイーグルにとっては、タイの会場の雰囲気は祖国とは言ってもやり難かっただろうと推察します。(毎度判定でゴチャゴチャいう人もいますが)そういうのでなく、恐らく全く違うシステムや気候や雰囲気でしょうね。屋外ってのも、虫とかやたら多いし。やっぱり慣れてないと難しい国でしょう、独特の歓声は如何ともし難いかもですが・・・。

実力は拮抗してるだろうし、再戦があれば勝敗は50/50くらいかな?新王者のの上がり目と自信、前王者の復習心と研究と充分な気乗り。イーグルは最近ファイター傾向で一発をしっかり打つように戦ってたんで、それが敗因の一因になったと思います。もっとスピードやテクニックを意識し無いとと言う声が多くなってたけど、その通りでしたね。倒そうって意識で次第にスタイルが崩れる選手多いですから。イーグルはまだ修正可能だろうけど、ここを改善しないと先は厳しいかも・・・。

この記事へのトラックバック