崔堯三、死亡

 先月25日の試合(インドネシアのヘリ・アモルに判定勝利)後に脳出血で倒れ、意識不明に陥っていたというWBOインターコンチネンタルフライ級チャンピオン、崔堯三(チェ・ヨサム=韓国)。WBCライト・フライ級チャンピオンだった2002年2月、東京で山口真吾(渡嘉敷)の挑戦を退けた選手だ。

 きのう2日、当地の病院で開かれた脳死判定委員会で「脳死判定」が下され、きょう未明、家族の要望で生命維持装置が外されて、法的に死亡が宣告されたそうだ。

※参照記事
 ↓
http://japanese.yonhapnews.co.kr/sports/2008/01/02/0700000000AJP20080102002900882.HTML
http://www.wowkorea.jp/news/Korea/2008/0102/10038320.html
http://www.wowkorea.jp/news/Korea/2007/1228/10038147.html
http://japanese.yonhapnews.co.kr/sports/2008/01/03/0700000000AJP20080103000700882.HTML


 ゼロになるに越したことはないが、ボクシングという競技の性質上決して無縁でいられない現実――不幸にも時々起こってしまう悲劇か。

 痛ましく、残念としか言いようがない。

 合掌。

[井]

  _/_/_/_/_/   _/_/_/_/_/

12月24日付記事の「メイウェザーvs.ハットン」戦お土産プレゼント、締め切り日は・・・2008年1月3日(木)、本日受信分までです。

 まだの方、ご応募お待ちしています!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック