池原繁尊、準備完了

 15日、日本フライ級5位の池原繁尊(横浜光)がトン・ツインズジム(タイ)を3ラウンドで倒し、来春のチャンピオン・カーニバル前哨戦をクリアした。

画像 4度のダウンを奪う圧勝ではあったものの、相手が格下ということもあり池原の表情から満足感や充実感はうかがえなかった。

 今回はそれでいい、と思う。試合間隔を空けすぎないための「肩ならし」に過ぎないのだから。

 彼が爆発すべき相手は、23日に迫った日本フライ級王座統一戦「清水智信vs.五十嵐俊幸」の勝者だ――というわけで、これといった論評はない。ただ、「次」を楽しみに待つのみである。

http://shigetaka.ti-da.net/


 ところでこの興行、メインを張った赤穂亮(横浜光)の相手を見てピンと来た人もいたのではないだろうか。そう、ノラシン・ギャットプラサンチャイ(タイ)だ。

 10月の、辰吉丈一郎のバンコクでの復帰戦で、当初対戦相手として名前が挙がっていたスーパーフライ級のナショナル・チャンピオンだ。

 メイン・イベントを見ながら「辰吉はノラシンとやらなくてよかった」と感じた。手数も多くなく引き気味の戦いぶりではあったものの、攻防ともレベルが高く、ホープ赤穂は「いいレッスン」を受けた。

 いまのジョーがこんな選手を、しかも相手のホームで迎えていたらと思うと・・・・背中に冷たいものが流れた。

 続けるか辞めるかは辰吉の意思を尊重すべきだという見解に、異論を挟むつもりはない。それでも自分はやはり、このレベルの選手との試合は怖くて観られないだろうと感じた。

[鈴]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あなぁありょうじ
2008年12月22日 22:38
赤穂亮、彼のアッパーはキレてますね。
一度試合を観ましたが、強くなりそうですね。
聞きたいんですが
2008年12月24日 12:55
今の辰吉と亀田ともきが試合したらどっちが勝ちますかね?

この記事へのトラックバック