あしボク編集Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 西岡利晃&小堀佑介――結果!

<<   作成日時 : 2009/01/03 21:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 4

 2009年初開催。パシフィコ横浜で行われたWBC世界スーパーバンタム級とWBA世界ライト級のダブルタイトルマッチは―――

★WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチ
西岡 利晃(帝拳)
 TKO 12R0分57秒
ヘナロ・ガルシア(7位/メキシコ)


 このまま判定まで…と思われた12回、左アッパーの連打でフィニッシュ(レフェリーストップ)。

 西岡は4回と9回に左でダウンを奪い、スコアもほぼ一方的に進めた完勝ではあるが、長谷川穂積をも苦しめたタフなガルシアの突進に苦しんだ。

 とはいっても8回終了時で8ポイント、7ポイント、5ポイントの差をつけている展開でも流そうとしなかった(流そうとするより適度に打ち合うほうがラクだった…?)のはあっぱれ。


★WBA世界ライト級タイトルマッチ
パウルス・モーゼス(1位/ナミビア)
 判定 3-0(115-113, 115-113, 119-109)
小堀 佑介(角海老宝石)

画像
 モーゼスが、フリッカージャブから何から、とにかく速かった。小堀のコンディションもよかったようだが、残念だけど惜敗…ではなく、完敗。

 ジャッジ2人がつけた「115-113」は意外。モーゼスのスピードとバネに小堀が翻弄される展開だった。

 それでも小堀は時折カウンターを決め、“らしさ”を見せたものの追撃できず、小さいながらも回転の速い連打ですぐに取りかけたポイントを失う――そんな内容か。

◇  ◆  ◇  ◆  ◇

 ダブル世界戦のセミに登場した、OPBFミドル級チャンピオンの佐藤幸治(帝拳)は、マルティン・アビラ(メキシコ)に2回2分18秒KO勝ち。

 本日はひとまずここまで。現地組による観戦記はまたあらためて。

[井]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
西岡、全盛期のスピードが全くなくなった様に見えましたが、ナンだか熟成された感じがありましたね。もはやスピードキングという感じではありませんでしたが、孤高の戦士って感じでこれぞオレの求める理想ボクサー像です。
あなざぁりょうじ
2009/01/04 09:23
たしかに、スピード…というかスピード感がなかったですね。なんとなく、試合の序盤から疲れてるようにも見えました。
[井]
2009/01/04 16:44
代わりに表現出来ないズルさ、上手さを身につけているのかもしれませんね。モーゼスって新チャンピオンの方がスピードキングって感じがしました。しかし西岡のチャンピオンロード、本当に楽しみです。応援してます。頑張れ。
あなざぁりょうじ
2009/01/04 20:45
モーゼスは左ジャブのスピードがありましたね。115-113が2人というのは以外な感じがしました。あとから考えると、10〜12ラウンドを落としたのが非常にもったいなかったと思います。私の採点は116-112でしたが、もう少し離れていてもおかしくないかと思ってました。小堀選手は、まだやれると思いますが、モチベーションが問題でしょうね。まだまだ見たいボクサーなので、是非カムバックしてほしいです。西岡選手は最後に仕留めたアッパーの連打は素晴らしかったです。次のジョニー・ゴンサレス戦が楽しみです。
Ken1
2009/01/04 21:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
西岡利晃&小堀佑介――結果! あしボク編集Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる