1位指名は50億!? ドラフト「開幕」

 First-Year Player Draft――MLBのドラフトが、現地時間9日(日本時間10日)から行われる。

画像 9日「から」って・・・・いつまでやってんの?

 とか突っ込まれそうだけど、メジャーリーグ全30球団×50巡+アルファ(細かで複雑な規定あり)で、指名されるアマチュア選手は毎年1,500人前後!

 これだけの数を“ピックアップ”するのはさすがに1日じゃムリのようで、例年2日がかりで行われる一大イベント・・・・なんだけれども、今季は上位指名のさらなるショーアップをはかるためか2日でもたりないようで、3日かけるスケジュールらしい。

 多くても100人に満たない日本のドラフト会議とは、かかる時間も規模も段違い(ルールもシステムも違うので単純比較はできないけど…)。


 ちなみに1巡・1位指名確実のスティーブン・ストラスバーグ(投手/196cm102kg/右投右打/サンディエゴ州立大)は、日本円にして総額50億に及ぶ巨額契約を結ぶか!? なんて話も聞かれるチョー大物。
※1位指名権を持つ栄えある(=前年最低勝率)チームは、ワシントン・ナショナルズ(旧モントリオール・エクスポズ)であります。

 のなる木が・・・・あるとこにはあるんだねェ。

[井]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック