けっこうマジ放談「暫定王座なんてもういらん!!」

 暫定王座って、なんなんだろうな。

 チャンピオンが、ケガなんかで長いことリングに上がれないときの「留守番チャンピオン」でしょ。「仮チャンピオン」っつーか。

 そんなのわかってるって。そうじゃなくて、こうもあっちこっちで乱造・乱発されると存在意義を疑うよなってこと。

 それって、葛飾区方面の誰かさんに対する憤りですか。そしてそれは、どっちに対する?

 何も言ってないだろう。大体なんなんだ、その「どっちに対する」って。

 立石か、はたまたお花茶屋か…。

 またそうやって自分の発言の責任をおれに押しつけようとしてない? それは1つの例に過ぎないでしょ。そうじゃなくてさ。興行の論理ばかり優先させた結果が、暫定王座乱立という状況を招いたことへの嘆きっていうかさ…「いい加減にしろよ」ってこと。昔はケガや病気で試合できなかったら、返上なり剥奪なりっていう処置があったでしょ。

 それがいまではチャンピオンがケガでも病気でもないのに、なぜか暫定王座が作られていることまである…なんてのも珍しくないと。

 ひどいよな。

 おれが初めて「暫定王座」ってことばを聞いたのは、辰吉丈一郎(言わずと知れた元WBC世界バンタム級王者)の網膜裂孔のときだったなー。剥奪でも返上でもない“第三の裁定”があることに驚いたんだけど、もっと驚いたのは療養明けの辰吉と、ビクトル・ラバナレス(メキシコ/元WBC世界バンタム級王者、同級暫定王者=当時)の試合が「統一戦」って謳われていたこと。

 いまでもそうだけど、その表現はおれも引っかかった。ことばの使い方としては間違ってはいないんだけどね。でも、同じ緑のチャンピオンベルトを巻いた選手がリングに2人いるのは、不思議というか、言われてみれば珍妙な光景だよな。

 辰吉は暫定王座と不思議な縁がある選手でしたね。その10カ月後には同じラバナレスと暫定王座決定戦をやり、その後、網膜剥離で王座を返上。

 そして薬師寺保栄との一戦には「地位を返還された暫定王者」として臨んだ。これも不可解だったけど、辰吉のせいじゃないからなあ。

 それだよ、キミ!

 なんだよいきなり。しかもえらそうに…。だいたい君は普段から、年長者に対する敬意が足りなくないか? …まあいいや。で、「どれ」なの?

 チャンピオンのケガで暫定王座決定戦に出た本人が、ケガでベルトを手放したでしょ。そこで暫定王座にはまったく必然性がなくなるわけですよね。それが、ケガが治ったら正規のチャンピオンがいるのに、しかもそのチャンピオンは活発に防衛戦をこなしているのに暫定王座が返還された。

 むちゃくちゃでござるよ。

 でしょう。辰吉本人に罪はないんだけど、興行の論理でそういうことになったんだと思うんですよ。あれでタガが外れたんじゃないか、という気がしませんか? 「原則」がなくなっちゃった。

 そう考えるとWBCのフライ級でポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ/前WBC世界フライ級王者、現同級暫定王者)がチャンピオンだったときにホルヘ・アルセ(メキシコ/元WBC世界ライトフライ級暫定王者=後に正規王者に昇格、同フライ級暫定王者、WBA世界スーパーフライ級暫定王者)が、暫定王座の防衛戦をいくつもこなしていたという異常事態も、発端はそこにあるのかな。

 あれはポンサクレックがなかなか指名試合をやらなかったこと(在位6年4カ月で2度!)と、当時指名挑戦者だったアルセがメキシコで人気者だったせいで、互いに興行面で譲歩しなかったからなんでしょうね。

 それなら入札なりなんなり、裁定とか方法はいくつかあるわけでしょ。それを「どっちもチャンピオンでいいよ」みたいな状況を認めちゃったWBCの罪は重いよね。

 常識的な感覚では理解できないもん。同じ団体、同じ階級でチャンピオンが2人って。しかもそれぞれが防衛戦をこなしていたわけだから、ますます混乱する。あそこ(ポンサクレック&アルセ並立時代)を皮切りに、「理性なき大乱立時代」が花開いたような気がします。

 開花しちゃだめだよなー。それにしてもアルセって実は暫定王座コレクターだったんだね(笑)。スーパーフライ級でも名城信男(現&元WBA世界スーパーフライ級王者)がいるのに、なぜかラファエル・コンセプション(パナマ)が持ってたWBAの暫定王座に挑戦して獲って、名城とは統一戦をやらずにビック・ダルチニアン(オーストラリア)が持っていた3団体統一王座に自分の暫定ベルトをかけて挑んで…。

 それで負けてりゃ世話ないわな。そこに引っかけて言うと、ダルチニアンが持っていたWBAタイトルはWBAスーパーフライ級の「統一王座」なんですよね。これも意味がわからない。統一王座を持つ選手と暫定王者の試合がWBAの「統一戦」でもあるわけで…。混乱ここに極まれり、ですよね。ここを追及していくと、名城の持つ「正規王座」の存在意義も揺らいでしまうわけなんですが。

 要は「カネ(認定料)さえ入ってくれば何でも認めるよ」というのがWBAやWBCの理屈なんだろうね。理屈にもなんにもなってないけど。畑山隆則(元WBA世界スーパーフェザー級&ライト級王者)がスーパーフェザー級のチャンピオンだったときも、暫定王座が作られてるしね。

 ケガで戦列を離れていたある世界チャンピオンが言ってましたからね。完全に治りきる前に戦線復帰したのは、暫定王座を作られてはかなわないと思ったからだって。認定団体のやり方なんて、そんなもんだろうってぼやいてたなー。

 そんなことを考えていくと、どうなんだろうね。今回、東京の東端でわき起こった世界フライ級王座を巡る「暫定王座騒動」っていうのは。

 やっぱりその話がしたかったんでしょ。イノ○エさん、なんだかんだ言って好きなんじゃないの? あの一家が。

 そんなわけないだろ。君の次くらいに憤っているじゃないか。

 いやいや(笑)。それだけ頻繁に憤りを口にするってことは、気になっているんですよ。嫌い嫌いも好きのうちってね。

 ……。

 あ、ムッとしてる? 話題を元に戻しましょう(汗)。これは2つあるわけじゃないですか。緑と黒と。まず緑の方からいきましょうか。これは残念ながら、王者側の落ち度ではないかと思うんですよね。1年以上、指名試合から遠ざかっているうえに、その契約すら進んでいなかったわけだから。下位ランカー相手の防衛戦を続けて…これは別に批判という意味ではなくてね。おれ自身は心の中で非難しているけれど。

 そして中国人ランカーとの試合は「大義名分」すら手落ちでなくして、ということで情状酌量の余地はないだろうね。

 暫定王座設立もやむなし、というところですね。

 うーん、それでも暫定王座を作るよりも、指名試合に強制力を持たせた方がいいと思うけどね。結局WBCも、承認料が入ってくるタイトルマッチをたくさんやらせたいんじゃないかなー。

 そしてお待ちかね。イ○ウエさんも大好きなボクシング界の暗黒ロイヤルファミリー、黒い暫定ベルト王座決定戦出場にまつわる騒動です。もっとも、これは流れたようですが。

 だから好きじゃないって。だいたい、1位にいながらなんやかんやと理由をつけて坂田健史(前WBA世界フライ級王者)挑戦を回避してただろ。それが、坂田が負けたとたん「満を持して」とかなんとか言って挑戦表明しておきながら、結局はやっぱり屁理屈を捏ねまわした挙げ句に暫定王座決定戦を画策して。その間には、決まりかけた日本人ボクサーの挑戦話――まあこれはこれでどうなんだってのもあったけど――に、横やり入れて壊すような真似をして…。

 結局、自信がないんじゃないかなーと思うんですよね。協栄ジムと金銭トラブルがあったとしても、自信があるなら坂田に挑戦してベルト獲っちゃえばいいわけでしょう。ゴタク並べてる暇があるんならね。これ以上は話が逸れちゃうから言いませんけど。

 とにもかくにも今回は認められなかったわけだけど、それがそのまま、状況がよくなっているということにはならないよね。結局、チャンピオンってこの前の西岡じゃないけど「いつでも誰とでも戦う」べき存在であるべきでしょ。プロだから興行も大切だし、ケガは競技の性質からいって仕方ない部分もあるかもしれないけど、自分が強いっていう自信があれば一度手放しても取り返せばいいわけでしょ。

 そこで復帰後の挑戦権を最優先で保証されればね。それをルールではっきりさせたところで、認定団体に強制力がないと結局は興行の論理に流される可能性は高いと思いますけど。指名試合も同じことがいえて、当事者間の交渉で折り合いがつかなければ中立地でやればいいじゃんって思うんだけどね。

 それってたぶん、興行として成り立たないんだよね。その場合のギャラ保証まではWBAにもWBCにもできたいだろうから難しいんだけど。でも、それが暫定王座を認める理由にはならないと思うんだよね。

 確かにそうですよね。さて、皆さんはどう思われますか?

 また逃げたな…。

 へへへへ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 47

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

ちょっと
2009年07月11日 13:07
アルセ、暫定王座かけてダルチニアンに挑戦してませんよ。あれはダルチニアンの持つWBA(スーパー)・WBC・IBF王座にWBA暫定王者のアルセが挑戦した試合。
どの団体の暫定王者でも他団体の王者に挑戦はできますが統一戦にはなりません。
Ken1
2009年07月11日 13:44
暫定王座どうのこうのというより、世界タイトル自体もあまり意味をなさなくなってきましたね。パッキャオなどもタイトルには拘りはないのでしょう。タイトルが掛かってなくても、ボクサーの魅力+カードそのものの面白さだけで、ファンはついてくると思います。長谷川vsダルチニアンなどは、世界タイトルなど関係なく見てみたいですから。
[井]
2009年07月13日 13:30
>ちょっとさん
ご指摘ありがとうございます。勘違いしておりました。アルセが「長いこと保持」した暫定王座を問題視したかった、と受け取ってもらえれば幸いです。

>Ken1さん
カードそのものの面白さ、まったくです。
ボクサーじたいの知名度が飛躍的に上がらないと現実的じゃないのかもしれませんが…。
コロン
2009年07月16日 20:11
ジュニア(スーパー)クラスもなくして、タイトルを減らそう

この記事へのトラックバック