妄想劇場「日本クルーザー級王座決定戦」 ~くたばれテンポイント #06

 まだ続いてる架空実況というか妄想劇の第6回目。ジャッジなんか不要? なんて説を唱える人なんかでてきて…やっぱり長いですがよろしくご一読を―――。

演目:日本クルーザー級王座決定戦10回戦
》》》構成:酔いどれ《《《
時:2011年の盛夏
所:TACテレビのモニター室

登場人物(全部架空・・・いうまでもなく)
さぶろう:ひねもす三郎(作家/69歳)
ますお:あらため益男(編集者/52歳)
ゆうぞう:さかしら勇造(評論家/45歳)
ゆりこ:やまざくら百合子(女優/28歳)
きんじ:かしおり金治(TACアナウンサー/36歳)


#05 いつの間にかもう4ラウンド

【#06 ジャッジ不要論

さぶろう それにしてもジャッジ泣かせの退屈な試合だ。

ますお 本人たちは一所懸命やってはいるんですけどね、もうそろそろ動きが出るでしょう。

きんじ 試合は中盤・第5ラウンドに入っております。

ゆうぞう もうひとつ、採点について申し上げてもいいですか。

さぶろう 言ってくれ言ってくれ、退屈してんだ。

きんじ えへん。

ゆうぞう 絵空ごとめいた話なんですけど、採点方法について、ボクはこんな想像をしたことがあるんです。判定でもめて、中継したテレビ局に抗議の電話が殺到することがまれにありますよね。そうすると専門家の中にはリングサイドで見ているジャッジの視点が正しいのだから、リングサイド以外で見た者の視点は、間違いとは言わないけれども、正しい視点ではないというような発言をされる方があります。

さぶろう あるな。

ゆうぞう これは当り前のことをもったいつけて言っているだけであって、見る位置が違えば見えるものも違ってきます。近くで見れば大きく見えるし、遠ければ小さく映ります。モノが大きく見えるなら正しく見えるのか、小さいなら正しく見えないのか。さきほどボクが申し上げた、利害に縛られた専門家とそうでないファンの見かた、あるいは間近で見ながら差し違えることがある大相撲の軍配、柔道の判定、そういったものを考えあわせるまでもなく、リングサイドのジャッジの視点こそ正しいというようなニュアンスの発言は、ボクは慎むべきだと思っています。

さぶろう そうだな。

ゆうぞう 取りようによっては尊大な差別発言ですし、何よりもボクシングそのものを貶めているとボクは思います。一般の方がボクシングを見ていて、判定に対して騒がしくなったとき、専門家がリングサイドのジャッジの視点が正しい、というようなことを言ったら、一般の方はどう思いますか。リングサイド以外でボクシングを見ている人はニセモノを見せられていることになるんでしょうか。ファンの方も少なからずそうだろうと思うんですけど、ボクシングってのは案外にいい加減なものなんだなあと、そんなふうに思われてしまうのではないでしょうか。

さぶろう 少なからずみんな思ってるさ。どっかで不信感を抱きながらリングを見てるのさ。だけど、ま、いいや、あとで言うべぃ。

ゆうぞう ひねもす先生、どうぞ仰ってください。

さぶろう おん、ま、いいよ、あとにすっから。続けてくんろ。

ゆうぞう はい。では、えーと、ですからボクは、ジャッジの見かたがどうこうというのが耳障りになることがあるものですか、それなら判定騒動にならないようになんらかの改善策を講じればいいのに、どうもそういうことは行われていないようで、相も変わらず判定でもめると、ジャッジの視点を持ち出してお茶を濁すように見えて仕方がないんです。

きんじ えへん。えー、さかしらさん、そのあたりで。

ゆうぞう いや、ここから先は笑い話です。それでボクは思いついたんです。ジャッジはやめてしまったらどうか。3分間リングを見続けて優劣をわけるというのは困難な作業です。ならばジャッジはどうするか。コンピュータにやってもらうんです。

きんじ と言いますと?

ゆうぞう スポーツ紙のボクシング記事にはその試合の両者のパンチ数とかヒット数が出ますよね。あれは担当員を決めてそれぞれがカウンターで数を刻んでいくわけですが、人数をもっと増やして、Aさんは赤コーナー選手の総パンチ数を、Bさんはそのヒット数を、Cさんはヒットの中でもいわゆるクリーンヒット数を、Dさんはクリーンヒットの中でもさらに有効なパンチ数を、それぞれカウントしてゆきます。青コーナー選手についても同様です。

きんじ ですか…

ゆうぞう ほかに小型定点カメラをリングサイドの数カ所に置いて、これは両選手の動きを画像処理して、あらかじめコンピュータにプログラミングしてあるデータに連動させて、攻勢や防御をコンピュータに判断させます。もちろんパンチ数などを数えるのは人海戦術ですがその数を集めて優劣をわけるのは、これもそういうふうにプログラミングされたコンピュータがするわけです。その場その場でのコミュニケーションとかイマジネーション、クリエイションはコンピュータにはまだできませんが、データの集積や記録、解析はむしろ人間よりも勝っています。コンピュータ導入によって開発費用もかかります、人件費もかかります。が、10年前なら知らず、失業者は増え有効求人倍率は下がるいっぽうの今なら、安価でできるのではないでしょうか。現行のジャッジへの報酬や饗応、ま、そういうものがあるかどうかはわかりませんが、長い目で見れば費用面に問題はないと思いますし、判定でもめることもほとんどなくなるのではないでしょうか。

ますお 公平は期待できそうですね。

さぶろう コンピュータなら処理も速いから、ラウンド終了のたんびに優劣表示ができそうだな。

ますお WBCは4ラウンズ毎に採点を公表するようになりましたね。

さぶろう ありゃ、こざかしい。

ますお いや、あれはお客さんへのサービスだと思いますよ。選手にとっても臨機応変に戦うことができるはずですし、また、不明な印象を与えかねなかった採点問題をクリーンにしていくと思いますよ。ボクシングのひとつの進化の過程だと思いますよ。

さぶろう 猪口才な。なんだってあんなことを始めたんだろ。なんかあったんかね、後ろめたいことが。

きんじ えへん、えへん。

ますお ひねもす先生は勘ぐりすぎですよ。

さぶろう そうかい、ほんとにそう思うかい。

ますお 思いますよ、勘ぐりすぎです。

さぶろう ほんとにそう思うかい。

ますお 思いますよ。

さぶろう ほんとにそう思うかい。

ゆうぞう あいや、すみません。ボクのつまらない空想をお話ししたばっかりに、ほんと、すみません。

きんじ えー、リング上は、あっ、なんですか。

ますお 田上選手、右目のあたり、カットしましたね。宮古選手がクリンチに行こうとして、そのときのバッティングのようですね。

きんじ 右まぶたの上から、田上選手、出血をみています。ここまでやや優勢に戦ってきた田上ですが、どうでしょう、この出血で流れが変わるんでしょうか。

ますお まだそんなに深い傷ではないと思います。

きんじ ああ、宮古、出ます、左・右・左・右ぃ・右ぃ!

ますお 押し込まれていますが、当たっていませんね、田上、ガードしてます。

きんじ あっと、またここでクリンチです。レフェリー、割って入りますが汗だくです。場内も団扇やらハンケチやら白いものがここそこで揺れるようになって参りました。冷房が入っているとはいえ、なかなかどうして快適というわけにはいかないようです。

さぶろう けど、なんだな、そんなことになったら誰も会場へは足を運ばなくなるだろな。

きんじ 冷房が効かなくなったら、ということですか。

さぶろう うちン中でボクシングゲームをしてるのと変わらなくなる。

きんじ 冷房が効かなくなったら、ですか。

さぶろう そだよ。

きんじ はて面妖な。冷房とボクシングゲーム、いったいどういうわけでありましょう。

さぶろう 忠臣蔵でも何でもやってろ。ああ、しかしなんだかおかしいな。

きんじ いや、どうも、なにか、話がかみあっていないようですが。

ゆうぞう いえ、かしおりさん、ボクが今お話した、コンピュータに採点をさせるということについて、ひねもす先生がマジメに考えてくださったということですよ。

きんじ は、そうですか。もひとつわかりませんが、ともかく5ラウンド終了です。あらためさん、採点のほう…

ますお うーん、どうなんですかねえ、うーん。

きんじ 迷っていますねえ。

ますお うーん、どうなんですかねえ、うーん。

さぶろう あらちゃん、早く決めてくれ。

ますお うーん。

さぶろう 頼むよ、あらちゃん、早く。

ますお うーん、100-98で宮古ですかね。両選手とも有効打はありません。ありませんが、うーん、バッティングのあと、宮古が手を出しながら田上をともかく後退させた、その残像のせいですかね。うーん、まあ、そういうことにさせてください。

きんじ ひねもすさん。

さぶろう 100-97。

きんじ どっちですか。

さぶろう ちょっと失礼する。

きんじ は? いえ、どちらのラウンドですか。

さぶろう もう我慢できん。便所行ってくる。

きんじ いや、あの、採点のほう…

さぶろう もう、だめだ。

きんじ いや、あの、どちらですか。

さぶろう 小便のほう、年とるとやたらに近くなるんだ、失礼。

きんじ いや、あの、どっちのラウンドですか、ひねもすさん、ひねもすさーん、ちょと、ひねもすさーぁん。参ったな、ほんとに行ってしまいました。

ますお 宮古のラウンドでしょう。

きんじ そうだとは思うんですが、冬場ならともかく、夏場でもやっぱり御年を召すと近くなるもんですかね。

ますお 経験がないんで分かりません。

きんじ それとも冷房が効きすぎたんでしょうか。やまざくらさん、どうですか、このモニター室、冷房がきついですか。

ゆりこ あたしは大丈夫ですけど。

きんじ そうですか。はい、気を取り直しましょう。やまざくらさん、採点をお願いします。

ゆりこ 100-98で、あたしは田上選手にしました。

きんじ ほう、割れましたね。理由を教えてください。

ゆりこ たしかにどちらも決め手はないんですけど、宮古選手のほうにクリンチが多いように見えたんです。堂々と戦ってと、こんなこと言うのは酷かもしれないんですけど、ですからそのぶん宮古選手をマイナス評価しました。

きんじ なるほど。女性ならではの見かたとも言えそうですが、ボクシングの本質を見ているとも思われます。

・・・・つづく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぽんたろう
2010年04月09日 08:43
採点のあり方って難しいですね
いろんな採点方式ありますが、フィギュアスケートのものが一番フェアな結果が出そうな気がします

この記事へのトラックバック

  • 紅白歌合戦 出場歌手が決定!

    Excerpt: 司会、松下奈緒・嵐、初出場は植村花菜、クミコ、西野カナ、AAA、HY、郷ひろみが9年ぶり出場 Weblog: 紅白歌合戦 出場歌手 racked: 2010-11-25 11:48