WOW FES "THIS IS BOXING"

 24日(日)、東京・両国の国技館で行われたWOWOWエキサイトマッチスペシャル "THIS IS BOXING" の結果は――

 帝拳勢の完勝に終わった。


☆WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチ
西岡 利晃(帝拳)
 判定 3-0(119-109, 119-109, 119-109)
レンドール・ムンロー(イギリス/1位)


 足もよく動き、ボディブローも◎。

 ムンローの細かいパンチを喰うも、試合は西岡が支配、完勝した。


☆スーパーフェザー級10回戦
ホルヘリナレス(帝拳/ベネズエラ)
 TKO 4回終了
ヘスス・チャベス(メキシコ)


 リナレスのワンツーの命中率が高く、じわじわと痛めつけながらフィニッシュを待つだけの展開・・・その矢先にチャベスが肩を負傷し棄権。消化不良の残念な結末になった。

 ここまでの対戦者たちは…根性希薄の感。


☆WBA世界ライトフライ級暫定王座決定戦
 ※ファン・カルロス・レベコ欠場のため、当初のカード変更
ローマンゴンサレス(ニカラグア)
 KO 2回1分38秒
フランシスコ・ロサス(メキシコ)


 ロサスは果敢に打ち合うも、2回に3度倒されてジ・エンド。

 ゴンサレス、あいかわらずのえぐいパンチ力と回転力だった。


☆スーパーライト級10回戦
亀海 喜寛(帝拳)
 KO 6回2分36秒
ホセ・アルファロ(ニカラグア)


 お互いテンポ良く打ち合う好試合…だったが、アルファロの嫌倒れ? から不可解なテンカウントという、後味の悪い結末。


☆バンタム級10回戦
山中 慎介(帝拳/日本バンタム級チャンピオン)
 TKO 9回終了
ホセ・シルベイラ(メキシコ)


 終始山中のペースで展開。

 9回終了後に相手が棄権。…いまいちな相手だった。

[霜]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック