幻の一戦

 なつかしく、珍しいモノが出てきた。

画像 ビクトル・ラバナレスとの激しいリターンマッチを僅差で制したあとに決まり――決まったと思ったら網膜剥離が発覚し、キャンセルされてしまった一戦だ。

 なぜこれが手元にあるのか(しかもなぜ非売のご来賓席なのか)、記憶が定かでないのが妙なんだけれども・・・・

 辰吉丈一郎に関する物事には、思い出がいっぱいあることをあらためて感じる。

[井]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

ねぎトロ巻き
2012年02月28日 06:00
辰吉選手 偶然にも初防衛戦2度とも試合行われず、相手も
韓国のボクサーだったですね、しかも後の世界戦では韓国のボクサーとは絡んでないのは不思議な感じです。辰吉対シリモンコン戦はテレビ観戦でも物凄く興奮しました。勝った瞬間は映画のクライマックスなみのカメラアングルまさに劇的な世界戦でした。インパクトの強い選手で人気者でした。
[井]
2012年02月28日 13:13
リチャードソンから奪取したあとも、そうでした。韓国の選手とは…デビュー戦が最初で最後(かどうかはまだわからない?)ですね。
ピピノ
2012年02月28日 22:53
確かに貴重なモノがでてきましたね。こりゃ高く売れる!
[井]
2012年03月01日 00:52
今のところ手放すつもりはないですが…売れますかねw

この記事へのトラックバック