“キング”メイウェザー判定勝ち

 近くに座るコットびいきの観客が(コットが)チャレンジャーだと勘違いしていたのか、「..... and new!」のコールに歓声をあげたあと「あれ!?」みたいな反応をしていた光景が何だかおかしかった。

 16,047人の大観衆を埋めた、ラスベガス・MGMグランドガーデンアリーナで行われたスーパーウェルター級のダブルヘッダーは、概ね予想通りの結果に―――


☆WBA世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
フロイドメイウェザー(アメリカ)
 判定 3-0《118-110, 117-111, 117-111》
ミゲール・コット(プエルトリコ)


画像 取られたラウンドが2つだけってことはなく…内容的にここまでの差はなかったろう。

 ロープ、コーナーに詰められてもそれほどピンチに見えないメイウェザーといえど、さすがにとどまる時間が長すぎた。そのくらい、コットの圧力をうまくさばけずに苦労した印象。

 さすがの"RING KING"も年齢とともに失っているモノがあるか、と思わずにいられなかった。


☆WBC世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
サウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ)
 判定 3-0《119-109, 118-110, 119-109》
シェーン・モズリー(アメリカ)


 アルバレス本人やひいきにしている人は満足したのかどうか…退屈な試合だった、というのが正直な感想。シュガー・シェーン、おつかれさまでした。

 試合とは直接関係ないけど・・・・グローブタッチはいいとしても、最終回開始時の“ハグ”は必要なかろう。きょうに限らないが、そんなことも思いながら、最後列にあてがわれた席で堪能したビッグファイト興行だった。

[井]

この記事へのコメント

ねぎトロ巻き
2012年05月07日 20:01
コットびいきで見てました。メイウェザー実力あるのはわかりますが、デラホーヤに勝利してからなのか、その前からでしょうか魅力のあるボクサーではなくなっていたので・・・。へナロに勝利したときが最も良かったような感じです。コットも大健闘だったですが、実力差は結構あったようでした。メイウェザー苦しめたボクサーといえば、やはりコラレスのような感じします。
CQ
2012年05月07日 20:58
とっとこさんもお疲れさまでした。
とっとこ
2012年05月09日 23:35
ちょっと疲れたかな。
でもまあやっぱり、背伸びしてでも“遠出”するのは楽しいw[井]
[井]
2012年05月11日 16:40
今ごろですが、画像をプログラムに変えました。

この記事へのトラックバック