金得九とレイ・マンシーニ――映画で再び

 1982年11月、韓国のファイター金得九がレイ・マンシーニの持つWBA世界ライト級タイトルに挑んで敗れ、帰らぬ人となってから30年。

画像 20年後の2002年に、チャンピオンという映画が韓国で公開されたのは多くのボクシングファンに知られているところだが、さらに10年後の2012年――

 この悲劇をマンシーニの側から描いたTHE GOOD SON ~The Ray Mancini Story~が、アメリカで製作された。

 今週11月30日と12月1日、アメリカ・ニューヨークで開催の映画祭Shadow Box Film Festival(ミゲール・コットvs.オースティン・トラウト戦もカブる…)で、まず上映されるようだ。



 なんとなく、秀作の予感・・・・日本でも公開されることを望む。

[井]

BOXING 名勝負大全 ~BATTLE of LEGEND (白夜ムック)
白夜書房
2012-11-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by BOXING 名勝負大全 ~BATTLE of LEGEND (白夜ムック) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

BOXING名勝負大全
楽天ブックス
半永久保存版 白夜ムック 白夜書房発行年月:2012年11月 予約締切日:2012年10月31日 ペ


楽天市場 by BOXING名勝負大全 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ねぎトロ巻き
2012年11月27日 22:27
マンシーニ側からみると また違う局面から新たなもの見えることになるのでしょうか、12回戦の導入に導いた試合 重い一戦です。
マンシーニが ブランブルに敗れた時は想像つかなくて、ボクマガの当時のモノクロレポートに食い入るように読みこんでしまいました。
[井]
2012年11月28日 23:11
マンシーニも当然苦しんだはずで…おっしゃるとおり「重い一戦」ですね。

この記事へのトラックバック