"金光決戦"――パッキャオ完勝

 マカオで行われたマニー・パッキャオ約1年ぶりのファイトは、ほぼフルマークの判定による圧勝に終わった。


☆WBOインターナショナル ウェルター級王座決定戦
マニーパッキャオ(フィリピン)
 判定 3-0《120-108, 119-109, 118-110》
画像ブランドン・リオス(アメリカ)


 序盤からパッキャオが回転の速い連打をリオスに見舞っていたものの、3~4回くらいまではカタさというか、どことなく"おっかなびっくり"な感あり(マルケス戦の光景がまだ鮮明だからか)

 しかしヒット率がさらに増した5回以降はほぐれ、ストップしていいようなシーンも作りながら圧倒し、12回終了ゴングを聞いた。ワンサイドにはなったが、リオス(かなり喰っていたけど大丈夫か)がたまに好打を返し…意外と緊張感は保たれていたか。


 試合終了直後、拳を下げた両者が向かい合った数秒がなぜか印象に残る試合だった。



 マカオ、一度行ってみたい……。

[井]

ロベルト・デュラン "石の拳" 一代記
白夜書房
クリスチャン・ジューディージェイ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ロベルト・デュラン

ロベルト・デュラン石の拳一代記 [ クリスチャン・ジューディス ]
楽天ブックス
クリスチャン・ジューディス 杉浦大介 白夜書房発行年月:2013年03月09日 予約締切日:2013


楽天市場 by ロベルト・デュラン石の拳一代記 [ クリスチャン・ジューディス ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

ねぎトロ巻き
2013年11月26日 10:33
NHKのスポーツニュースでハイライトが放送されていて、海外のボクシングをスポーツニュースで映像つきで放送されることにびっくりしました。パッキャオ偉大です。
[井]
2013年11月30日 14:24
のようですねェ。

キャリア終盤、ベストのタイミングではなくなってますが"残された大一番"が実現することを期待したいです。

この記事へのトラックバック