ベスト8のオッズ

 総じてサッカーに無関心なアメリカでも、ワールドカップはラスベガスで賭けの対象になっている。開幕前に主要カジノのスポーツブックでついた優勝チーム当ての賭けは、ホスト国でもある王者ブラジルが当然のように最も低い倍率。

 ほか、ラスベガスヒルトンのオッズを例にとると――

 ブラジルは2.5倍の大本命。オランダ25倍、日本を一蹴したコロンビアは30倍、フランス20倍でアルゼンチン4倍、ドイツ5倍でベルギー20倍。

 6倍の前回優勝国スペインがグループリーグで敗退したのと対照的に……イタリア、イングランド、ウルグアイが入った"死の組"で1位通過 → 決勝トーナメント初戦もモノにしたコスタリカは、なんと1000倍!

 買った人、ドキドキしてるだろうなァ。少しばかりうらやましい。

※参照:『ラスベガス大全』週刊ラスベガスニュース 907(6/11)号
http://www.lvtaizen.com/index.html

[井]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック