熱くなき再戦

 序盤こそそれなりの緊迫感があったものの、マイダナが単調な攻めに終始し、ラウンドを重ねるにしたがってその度合いは薄れていく。

画像 残念ながら、こんなふうにならなきゃいいけど…という凡戦になってしまったなァ(初戦がこんな展開になるんじゃないかと思ったけど)、そんな印象を抱いた一戦。

 5月にも感じたことながら、何年か前ならもうちょっとスマートにさばいたろうに――と思わせる、元プリティボーイの黄昏ぶりも目についたベガスの夜(日本では真昼間か)だった。

[井]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック