WHAT IF....

 正式に決まったら、どんなキャッチがついて、キックオフツアーではどんな舌戦を繰り広げるのか、なんて想像もしかけていたのに、結局また流れそうな雲行き・・・・

 もう力なく笑うしかない。

 あと一人、首をタテに振りさえすれば…な状況が何年もつづき、ようやくと思ったらまただ。


 なにごとも俺様主導。外野から騒がしく突っつかれて「やる」というのがイヤで、口を閉ざしている。喧騒が静まった頃、契約書にサイン、そして発表――

 そんなドンデン返し、起こらんかな(笑)

[井]

この記事へのコメント

マル
2015年01月28日 22:30
Showtimeの担当者が「まだ契約書も出来てないのにパッキャオはなににサインしたんだい?とTwitterに書いています
なぜパッキャオが「自分たちはサインした、後はメイウェザーだけ」と嘘を言っているのかに興味があります
つまりパッキャオは試合から逃げるつもりで
その時にメイウェザーの方が逃げたと言いたくて嘘を言ってるのだと思っています
このShowtimeのエスピノーザの話はかなり話題になっていてあしたのボクシングさんはもちろん知っていると思いますが
あえて書かれなかったのはメイウェザーを非難するためでしょうか?
前回の交渉なんて完全にパックが逃げたのに試合が決まらかったのはメイに責任があるって書いてるのもおかしいです


[井]
2015年01月31日 02:57
>マルさん
コメントありがとうございます。
先月半ばでしたか、メイウェザー本人が積極的な発言をして以降沈黙状態でいることに不安で、今度こそ実現しそうだと期待したのにまた流れてしまうのかという雰囲気も感じての、ひとりごとでした。

特にこの話題では、いろいろな人がいろいろな発信をし、また一定時間ネット等々をチェックできないこともあったりで…Showtimeのエスピノーザのツイートは恥ずかしながら知りませんでした。

メイを「非難」したつもりはなかったですが、そのように受け取られてしまったことは、反省しております。

この記事へのトラックバック