長谷川穂積、引退…

 長谷川穂積(真正)が引退を表明した。

画像 最も印象に残る一戦をあげるとすると――

 結果は残念としか言いようがないものになってしまったが、やはりフェルナンド・モンティエル戦(2010年4月30日/東京・日本武道館)だろうか。

 試合当日までのワクワク感。

 開始ゴングが鳴ってからの会場の緊迫感。

 一瞬のスキを鋭く突かれ、文字通りアッと言う間に決着へ向かった一撃…。

 大一番で勝利を期待した選手が敗れた現実を残念に思うと同時に、濃密な試合を堪能できた満足感も覚え、こういう雰囲気をもっともっと味わえるようになれたら、とあらためて思う一戦でもあった。


 ――多謝 m(_ _)m

[井]

この記事へのコメント

酔田
2016年12月14日 21:38
ロイヤル小林がアレクシス・アルゲリョに敗れた一戦を思いだします。あの試合を見た人とこのモンティエル戦を見た人と、その感情に相通ずるものを感じます。その後のアルゲリョは、モンティエルはどうなったか、そんなことにも思いが及びます。
[井]
2016年12月17日 23:32
あの日の高揚と落胆…なつかしいです。

この記事へのトラックバック