鑑賞 HANDS OF STONE

 石の拳、ロベルト・デュランの自伝映画HANDS OF STONE――

画像 のBlu-rayを、ようやく全編鑑賞。

 いちばん"心配"したファイトシーンが意外とイケていたことに、まずは安堵した(笑)

 映画史に残る傑作! という評価を得ることは多分ないだろうが、レイ・アーセルを演じたロバート・デニーロの存在感はなかなか。

 ほか、ラブシーンが思ったより多かった(デュラン夫人役のアナ・デ・アルマスも◎)……等々の感想もあるけれど、やはり、いちばん思うのは日本語字幕版が出てほしい、ということだ ^^;

[井]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック