ロマチェンコ判定勝ち…

 3-0(119-107、117-109、117-109)――

 ワシル・ロマチェンコがホセ・ペドラサに判定勝ちしたものの、スコアほどの差はない内容だった。

 速さも巧さももちろんロマチェンコにはあったが、まだ(今後も?)ライト級の体になっていないのか、これまで抱いていた難攻不落感は薄まった印象。

 スーパーフェザーではこの限りにあらず…だけど。

[井]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック