HEISEI → REIWA DANGAN 223!

 平成から令和へ、ポスター新作は――  あした5月1日(水)、日本フェザー級タイトルマッチがメインのDANGAN223!  継続は力。リングは戦場、拳は弾丸――DANGANへの問い合わせ、試合情報、チケットの購入などは DANGAN Official Web Site まで! art direction &…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホープの愉しみ 【酔いどれ前のひとりごと vol.211】

vol.211 ホープの愉しみ  何年かに一人とか二人とか登場する。時には三羽烏なんて呼ばれることもある。  鮮やかな勝ちっぷりで連戦連勝、モノが違うぜ、ってな感じが漂ってきて、「へえー」とか「ほぉー」とか、ついには「わおー」とか、ひとり、こころで声をあげる。もともとミーハー体質なもんで、マスコミ報道にはかぶれやすい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

決勝進出は――

 全体的に、かつてほどの鋭さは感じられなかったけど、あっぱれなフィニッシュブロー。  WBSSバンタム級決勝進出を決めたのは、"フィリピーノフラッシュ"ノニト・ドネアの左フック一発だった。  井上尚弥がエマヌエル・ロドリゲスに勝ったら決勝は日本開催か? なんて想像もしてる試合後。  9月か10月か年末か…その前に来月か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テテ欠場

 ゾラニ・テテが右肩を負傷し欠場、カード変更となった、WBSSバンタム級準決勝第1試合――  このタイミングでのアクシデント、リザーブ選手がいたことに少なからず驚いたが、"代役"が快勝し、それをきっかけにスターダムに、なんてことがあるのかどうか。  ノニト・ドネアかステファン・ヤングか。日本時間あした午後、リアルタイムで見ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

準備せよ。

 史上最長連休前――またまた気になるホンをポチリ。 [井] 準備せよ。 スポーツ中継のフィロソフィー (Number Books)文藝春秋 田中 晃 Amazonアソシエイト 準備せよ。 スポーツ中継のフィロソフィー [ 田中 晃 ]楽天ブックス 田中 晃 文藝春秋ジュンビセヨ スポーツチュウケイノフィロソフィー タナカ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Scot…

"おまえのことは決して忘れない。 小便をするたびに思い出すだろう"  昔(もう6年もたつのか……^^;)編集したロベルト・デュラン「石の拳」一代記…因縁? のローブローで世界ライト級王座を奪取したデュランに対し、のちにこうボヤいた前王者のケン・ブキャナン。  中心地に「ブキャナンストリート」や「ブキャナンバステーション」がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇跡の瞬間 【酔いどれ前のひとりごと vol.210】

vol.210 奇跡の瞬間  井上尚弥の試合が近づいてきた。日本時間5月19日、ラスベガス…じゃなくて英国グラスゴー。  怪物の存在が、再び三たびオレの日常に姿を見せてきた。  昼なお天空にその輝きが見えるという、1千年に1度あるかどうかの、はるかかなたの、星の大爆発、とびきりの超新星、それが井上尚弥、Oh,Y…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロマ完勝

 初回は静かだったが、2回中盤以降はワンサイド。  上下左右強弱緩急、開いたところをポカスカ――久しぶりの"らしさ"あふれる勝ちっぷりだった。ワシル・ロマチェンコ、あっぱれ。  最後はちょっと怖い倒れ方……キャンバスにたれる血と横たわるアンソニー・クロラ。レフェリー視点の映像、ちょっと斬新。 [井]
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガッツポーズの日

 愛用するほぼ日手帳の、きのう11日のページは「ガッツポーズ」。  1974年のこの日に戴冠したガッツ石松による歓喜のポーズを、メディアが「ガッツポーズ」と表現したことが由来…という話が載っていた。 https://verymerryeveryday.1101.com/post/159415943294/%E3%82%AC%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

球の縁

 著者とダルビッシュ有との不思議な縁に、"こういうこともあるんだ…"と感じた一冊を購入。  内容は――これから。 [井] セイバーメトリクスの落とし穴 (光文社新書)光文社 お股ニキ(@omatacom) Amazonアソシエイト セイバーメトリクスの落とし穴 マネー・ボールを超える野球論 (光文社新書) [ お股ニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わずらう 【酔いどれ前のひとりごと vol.209】

vol.209 わずらう  2017年6月、いきなり糖尿病を告知された。  血糖値500、ヘモグロビンA1C13.4という高い数値だった。即入院、即インスリン注射と、医者たちは口をそろえたが、食事と投薬で、半年後、血液は正常値になった。その間、低血糖症に襲われて、2度死にかけた。  糖尿病の数値はおさまったもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古今亭にはかなわねぇ。

 積ん読棚から取り出した、河出文庫『志ん生一家、おしまいの噺』―――  本文も、巻末の《立川談志×美濃部美津子 対談「古今亭にはかなわねぇ。」》も、いい感じ。 [井] 志ん生一家、おしまいの噺 (河出文庫)河出書房新社 美濃部 美津子 Amazonアソシエイト 志ん生一家、おしまいの噺 (河出文庫) [ 美濃部 美津…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more