記憶に残る一戦

 テオフィモ・ロペス勝利のコールに、とても驚いたのが最初に抱いた感想。

 ワシル・ロマチェンコは、ここ何戦か同様、スーパーフェザー級で見せていたような支配的な闘いぶりはできないかもしれないという想像はできた。特に前半の手数の少なさは印象が悪かったろうけど…

LomaLopezOdds.jpg ただそれでも的確にヒットさせていたし、負けと判定されるほどだったか? という印象がぬぐえないのも事実。

 アメリカメディアの多くは、ジャッジの一人がつけた「119-109」以外、特に問題視していないようだと知り、自分の見方に少しばかり迷いが生まれている。

 判定を聞いた直後、不満をあらわにすると思えたロマチェンコ本人や陣営が、呆然とはしていたものの抗議するような意思表示をしていない(ように見えた)こともまた、意外感を強くした。

 中継したWOWOWの放送に少なからず影響されたことも…あるか(笑)。もっといえば、オッズがかなり有利と出ていたことを含めロマチェンコへの"信仰"が篤すぎたことも、出た判定と認識がズレた一因かもしれない。


 ロペスに張ってた人、よかったな…

[井]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント