「博士の愛した数式」と1992年9月11日

 誰にだったか、それがいつ頃だったかも定かじゃないないけど、すすめられた記憶はぼんやりある、博士の愛した数式を読了。  もっと早く、すすめられたときに読んでおけばよかった(笑)。  物語の終盤で描かれている1992年9月11日――試合時間が6時間26分に及んだ「阪神×ヤクルト」戦のことも、ちょっと思い出した。  同…
コメント:0

続きを読むread more