TOE TO TOE

 ホルヘ・リナレス優位の予想はもちろんできたものの、逆の目が出る可能性だって十分にある――

 と思っていたが、リナレスは巧く、たくましかった。

 荒川仁人には残念な結果になったが、2~3年前には想像もできなかったMGMグランドガーデンでの、しかもPPVのカードに登場することになった実績と"登攀"ルートには、おおいに敬意を表すべき。

 そんなことを感じた《TOE TO TOE》な勝負だった。

[井]

"TOE TO TOE" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント