テーマ:井上尚弥

アリ戦の「斬新」

 井上尚弥がエマヌエル・ロドリゲスを粉砕した一戦後、内外でいろいろな記事や写真が出ている。  その中の一つ。WBSSが発信し、井上本人も「斬新」と反応した、天井からのカット――― 📸 Iconic 🔥#InoueRodriguez 🏆 #AliTrophy pic.twitte…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グラスゴーの惨劇 【酔いどれ前のひとりごと vol.212】

vol.212 グラスゴーの惨劇  凄いねえ。  昨日から試合を幾度も見返している。  試合は短かったのに余韻は長い。  わかりやすくて当たり前で簡単で、だけど味わい深くて凄みがある文章みたいだ。  行かなきゃやられる、だから出たプエルトリカンを冷徹に見ながら、怪物は、開始2分の左ボディで、まもなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復習

 いろいろと、ツイッターや各社の記事サイトについたいくつかのコメントなどを見て、一つハッとしたことがあり、WOWOW、そして試合映像は同じだったがフジテレビ放送分の録画を見返す。  井上尚弥がエマヌエル・ロドリゲスから奪った2度目のダウン――  それほど深く強くはなかったように見えなかったが、右ボディが放たれたところで倒れこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MONSTER's HIGH

 エマヌエル・ロドリゲスだって強かった。想定外というほどではなかったにしても、ロープを背にし、実際にヒヤッとするパンチの交錯もあった。  ここ何戦かのような序盤決着はやはり困難、さすがに長引くかとも思えた初回の展開だったが……心配無用。一気に試合を終わらせる決定力も見事だった。 🇯🇵 Cong…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#InoueRodriguez ――ともに117.7

 WBSSバンタム級、準決勝第2試合――井上尚弥、エマヌエル・ロドリゲスともに117.7ポンド(≒53.39キロ)で、公式計量をパス。 FACE-OFF: @naoyainoue_410 & @ERodriguezManny go head-to-head at the weigh-in! 🔥&#12829…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIGHT WEEK, WBSS2

 いよいよ(やっと?)、今週末―――  WBSSバンタム級、準決勝第2試合《井上尚弥×エマヌエル・ロドリゲス》。翌週フロリダで闘う伊藤雅雪と、ともに生中継するWOWOWが番組プログラムの表紙に起用しているのも、何となく高揚感が増している一因か。  同時に、今日深夜かあしたの便で渡航…なんてスケジュールを妄想した頃を思い出すと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"THE MINI MIKE TYSON"

 アメリカのRING Magazineにつづき、イギリスのBOXING MONTHLYにも―――  "THE MINI MIKE TYSON"や"BOMBER"といった、MONSTER以外のワードも踊る表紙や誌面。  エマヌエル・ロドリゲスとのWBSS準決勝に臨むため渡英した井上尚弥陣営の目にも触れ、手にも入っている………
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇跡の瞬間 【酔いどれ前のひとりごと vol.210】

vol.210 奇跡の瞬間  井上尚弥の試合が近づいてきた。日本時間5月19日、ラスベガス…じゃなくて英国グラスゴー。  怪物の存在が、再び三たびオレの日常に姿を見せてきた。  昼なお天空にその輝きが見えるという、1千年に1度あるかどうかの、はるかかなたの、星の大爆発、とびきりの超新星、それが井上尚弥、Oh,Y…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開催されてほしい…

 発表通りに開催されるかどうかは不透明、か―― https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-00000085-spnannex-fight  会場となるThe SSE Hydroのサイトにスケジュールもなかなかアップされないし(※)、3週早く行われると発表されたもう一方の準決勝も、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先に《テテ×ドネア》

 WBSSバンタム級、もう一つの準決勝《ゾラニ・テテ×ノニト・ドネア》は――  5月18日の《井上×ロドリゲス》より3週早く、4月27日にアメリカで行われるようだ。  どっちにも行ってみたいけど、どっちも行けない……かな。 [井]
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行くとしたら…

 英国、スコットランド、グラスゴー、Glasgow―――  今のところ、ロンドンから陸路(鉄道)で入るのが、費用が嵩みにくいルートかなと妄想中。  行くとしたら、じゃなくて行けるとしたら……かな ^^; [井]
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怪物欧州遠征

 WBSSバンタム級準決勝《井上尚弥×エマヌエル・ロドリゲス》は――  5月18日にイギリス(スコットランド)・グラスゴーのThe SSE Hydroで、と決まった。  プロモーターが「来週発表」、とツイートしてから3週間弱(笑)。ひとまず、日時と会場が発表されたことに安堵といったところか。  ただ……一部選手の“…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怪物英国へ!?

 WBSSバンタム級準決勝《井上尚弥×エマヌエル・ロドリゲス》は、5月18日にスコットランドで!?―――  と来週にもどうやら(やっと…)発表されるようだ。 https://www.boxingscene.com/naoya-inoue-vs-emmanuel-rodriguez-play-18--136109 A M…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだかいな

 スーパーライト級の《テーラー×バランチェク》が、5月18日にイギリス・グラスゴーで行われることが決まった、WBSS準決勝。  計3階級6カードのうち、決まっているのはこれだけ(日本時間2月3日23時現在)。  3月にプエルトリコ? 4月にアメリカ? なんて説も飛び交ったバンタム級の《井上×ロドリゲス》を含め未発表の残り5カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BEST PUNCHER : Naoya Inoue!

 THE BIBLE OF BOXING――  RING MAGAZINEの2月号が、ようやく届いた。  井上尚弥が「BEST PUNCHER」に選出されている“STATE OF THE GAME”等々、この老舗専門誌でページが割かれているだけでなく、日本人ボクサーが初めて、単独で表紙を飾るときが来るなんて……  改め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロスポーツ大賞――

 大谷翔平が“てっぺん”をとった、2018年の日本プロスポーツ大賞。  来季は野手に専念する大谷がタイトルを獲ったり、ラグビーワールドカップで日本代表が大活躍を見せたりしたら etc.etc. “ライバル”は多くなろうけど……  2019年は井上尚弥が大賞のポジションにつくような、さらに強いインパクトを残すことに期待だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月号にも――

 リング・マガジン《2019年2月号》の表紙を単独で飾るという、井上尚弥。 https://www.ringtv.com/548295-naoya-inoue-the-monster-makes-history-as-ring-magazine-cover-star/  ひとつ前の《1月号》にも、ロマチェンコやカネロ、ジョシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MONSTER's RING

 ついにリング・マガジンの表紙に――ここまできたかモンスター! https://www.ringtv.com/548295-naoya-inoue-the-monster-makes-history-as-ring-magazine-cover-star/  次はスポイラか…なんてな。 [井]
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

強打者の宿命 【酔いどれ前のひとりごと vol.207】

vol.207 強打者の宿命  遠い昔、海老原博幸が世界戦で敗れた時、テレビの実況は、海老原は拳を痛めましたと叫んでいた。拳を痛めなかったら勝っていたのか、痛めたから勝てなかったのか。実際その通りだったのかもしれないが、拳のことを大きく伝えたことに、釈然としない、もやもやしたものを子供心に覚えた。  井上尚弥の関連本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドネア4強

 WBSSバンタム級準々決勝の《ライアン・バーネット×ノニト・ドネア》は――  バーネットが背中(脇腹?)を痛めた4回終了後に棄権。“フィリピーノ・フラッシュ”ドネアが、4強の残る1ワクにおさまった。  いろんな意味で意外な結果が出て、来年3月頃の開催が有力といわれる準決勝2カードは、《ドネア×ゾラニ・テテ》、《井上尚弥×エ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次戦はロドリゲス 【酔いどれ前のひとりごと vol.206】

vol.206 次戦はロドリゲス 「最初から狙ってましたよね」 「そうだね」 「始めからあの近い距離で行くというのは自信もあったんですね」  仕事仲間で、学生時代はアマのリングに上がっていたK君が感情抑えぎみに言う。 「そうだね。いつなんだろうね。井上尚弥がパヤノ相手に行けるとわかったのは」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Day After Documentary―― #WBSS2 Yokohama,Japan

 あれから1週間・・・・こういう"アフター"を作り、アップしていたとは知らなかった。  ゾラニ・テテが、(トーナメントの)反対に立つヤマの一つを勝ち上がった。  エマヌエル・ロドリゲスと予想される、井上尚弥の対戦相手が決まるのは今週末。その2週間後にライアン・バーネットとノニト・ドネアが4強最後のスポットを争う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怪物劇場 【酔いどれ前のひとりごと vol.204】

vol.204 怪物劇場  選手の入退場のたびに花道には人垣ができる。  勝利したばかりのWBAスーパーライト級王者キリル・レリクが立ち止まって、サインの求めに応じている。  でもなあ、凡戦だったなあ。王者は倒しにかかって強振を繰り返し、挑戦者トロヤノフスキーは左リードを拠りどころに、王者の前進をかわしながらス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怪物力増強

 112秒の次は70秒――  大歓声と、呆気にとられたようなどよめきが会場を支配し、公式タイムを知るまでに時間がかかったものの、バンタム級2戦あわせて3分ちょっと、という短い時間での決着。  神がかった勝ちっぷりを見せていた頃のマニー・パッキャオが、カブるといえばカブる。ボクサーとして、今の充実ぶりを井上尚弥本人も実感してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Fight Day! #InouePayano #WBSS2

 円形に配列されたリングサイドシート、そしてライティング…日本ではないような雰囲気がとてもいい。  まもなくメインイベント―――  井上尚弥、ファン・カルロス・パヤノ、両雄リングイン! [井]
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Monsters, Ring.

 井上尚弥はバンタム級リミット118ポンド(≒53.52キロ)、ファン・カルロス・パヤノは117ポンド(≒53.07キロ)―――  スーパーライト級も拳四朗の一戦もあるけれどやはり、注目度最大の“MONSTER”がどんな闘いぶりを見せるのか。  楽しみが止まらない。 [井]
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"Monster Night" #WBSS

 10月7日(日)は"モンスター・ナイト"――なんとなくいい響き。 https://worldboxingsuperseries.com/monster-night-yokohama-kick-off-ali-trophy-season-ii-quarter-finals-autumn/  WBSSのバンタム級、すでに発表さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

INOUE on Forbes Japan

 自分の試合が決まったら「井上の試合が決まったぞ!」と、常にみんなをワクワクさせる──そんな選手になりたいですね。  新興のトーナメント戦とはいえ注目度の高いWBSSに第1シード扱いで出場が決まるなど、その域にはもう達しているだろう。  と思うのはまだボクシングファンだけ…か。 https://forbesjapan.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月7日は横浜アリーナ

 WBSSバンタム級トーナメント初戦の“井上ラウンド”は―――10月7日(日)に横浜アリーナ、で決定。  世は3連休の中(なか)日、シーズンのクライマックスが近い野球やサッカーに話題性でも劣らない好試合になることを期待だ。  ちなみに、前日は沢田研二(10代20代の若者は知らないかw)のコンサートらしい。  両方ラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more