テーマ:World Premium Boxing

World Premium Boxing 11

 東京・日本武道館で行われた"World Premium Boxing 11"を生観戦。世界タイトルマッチ2カード、粟生隆寛の10回戦みんなTKO決着だったけれども――― ☆WBC世界バンタム級タイトルマッチ フェルナンド・モンティエル(メキシコ/WBOチャンピオン)  TKO 4R2分59秒 長谷川 穂積(真正) …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

Golden Weekend

 バンタム級、スーパーバンタム級のダブルタイトルマッチ――"World Premium Boxing 11"の前日計量は、4者一発パス。 ☆長谷川 穂積  ≫≫117ポンド3/4(53.4キロ) ☆フェルナンド・モンティエル  ≫≫≫118ポンド(53.5キロ) ☆西岡 利晃  ≫≫122ポンド(55.3キロ) ☆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あと3日!

 公開練習やら予備検診やらが済んだようで、刻一刻と“本番”が近づいている、11度目のWorld Premium Boxing。  あとは調印式(やらなくてもいいモノののような気がするけど)、かな。  でもって、前日の公式計量。そして試合当日――。  さっさと切り上げたい“本業”もなんとかなりそうで、こちらも心はどこにあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あと1週間!

 バンタム級頂上決戦「長谷川穂積(真正)vs.フェルナンド・モンティエル(メキシコ)」まで、あと1週間。  前日までにシゴトを終わらせるべく奮闘努力し、日々是雑務中に夢想する時間しかないけれども・・・・楽しみだ。  Tシャツをからめた、ごく軽微な舌戦(?)も展開中。  集客、話題性、テレビ視聴率、どれももっと高まっ…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

"Hasegawa vs. Montiel"..... NOT?

 発表された「長谷川vs.モンティエル戦」は実現しない説が出てたりして―― http://www.boxingscene.com/?m=show&id=25553  大丈夫だとは思うけど…一抹の不安あり。 [井]
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

World Premium Boxing 11「長谷川vs.モンティエル」他決定!!

 ほんとに決まったか――「長谷川穂積vs.フェルナンド・モンティエル」。  日時は4月30日(金)、会場は東京・日本武道館だ。  何度か言ったとおり、開催地が日本でなくても十分。長谷川にとっても業界にとってもメリットが感じられるカードだけれども・・・・世界チャンピオン同士の統一戦を身近で観戦できる喜びを味わおう。 ※日本未…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

マック田口の《長谷川穂積vs.アルバロ・ペレス》密着記

 12月18日、寒風吹きすさぶ神戸。WBC世界バンタム級チャンピオン、長谷川穂積(真正)がアルバロ・ペレス(ニカラグア)を4回2分38秒TKOで沈めた一戦に、“あしボク関西支部”マック田口も参戦。ちょっと遅くなりましたが、恒例の(!?)密着記を配信いたします。 _/_/_/_/_/   _/_/_/_/_/   _/_/_/_/_…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

10 !!

 WBC世界バンタム級タイトルマッチ、「長谷川穂積(真正)vs.アルバロ・ペレス(ニカラグア)」の一戦は―――  ペレスの大きなパンチに手を焼きながらも、左の“ダブル”をガッチリ決めた長谷川が4回2分38秒TKO勝ち。具志堅用高以来の2ケタ防衛≪V10≫を達成した。  距離を詰めての濃密なパンチの交錯・・・・左、そしてまた左…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

長谷川穂積、あしたV10戦

 おなかと せなかが くっつくぞ♪  なんて歌詞のある『おなかのへるうた』という曲があるけど・・・・鍛えに鍛え、特に寒いこの時期に絞りに絞るとそういう状態に近くなるのか、と思わされる。 http://ameblo.jp/hozumi1216/image-10413188207-10343821840.html  W…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Hozumi Hasegawa, The Real 10

 WBC世界バンタム級チャンピオン、長谷川穂積(真正)の待ち遠しきV10戦まであと1週間。  ああァ、それなのにそれなのに・・・・何度も言ってるし、まだ何度も言うかもしれないけど、神戸まで行けないのが悔しい。  あした午後4時から日本テレビで放送されるカウントダウン特番も見られるかどうか。  悔しきことのみ多かりし我が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長谷川穂積《V10戦》まであと10日

 WBC世界バンタム級タイトルマッチ「長谷川穂積(真正)vs.アルバロ・ペレス(ニカラグア)」――安定王者・長谷川の《V10》なるかどうかの一戦まで、あと10日となった。  先だ先だと思っていたら…番組ホームページ≫≫≫→画像クリック→≫≫≫も新設され、期日接近。  会場は前回と同じく神戸のワールド記念ホール。残念ながら今回…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

プレゼント、送りました

 7月24日にお知らせした"World Premium Boxing 9 @ kobe"のプレゼント・・・・遅くなりましたが、当選者を発表いたします!  で、本日もう発送させていただきました。  当選された5名の方は、以下のとおりです。 東京都・ ペンネームJ-BOYさん 千葉県・ ペンネーム水道橋変態倶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マック田口の《ローマン・ゴンサレスvs.高山勝成》密着記

 7月14日、神戸ワールド記念ホール――WBC世界バンタム級チャンピオン、長谷川穂積(真正)がネストール・ロチャ(アメリカ)を初回KOに仕留めたあとに行われた、ローマン・ゴンサレスと高山勝成の一戦ももちろん、“関西支部”マック田口が一筆献上いたします――。 _/_/_/_/_/   _/_/_/_/_/   _/_/_/_/_/ …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

プレゼント…締め切りました

 先日のプレゼント、きのう受信した分をもって終了いたしました。  たくさんのご応募、そしてご意見ご感想ありがとうございました!  今週中に抽選し、来週には発表する予定であります。 ※ひょっとしたら、「発送をもって発表にかえさせていただきます」となるかもしれません。ご了承ください。  ご意見ご感想、メッセージはいつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マック田口の《長谷川穂積vs.ネストール・ロチャ》密着記

 7月14日、神戸ワールド記念ホール――WBC世界バンタム級チャンピオン、長谷川穂積(真正)がネストール・ロチャ(アメリカ)を初回KOに仕留めた一戦に、“あしボク関西支部”マック田口も参戦。ちょっと遅くなりましたが、当日の模様をレポートします。 _/_/_/_/_/   _/_/_/_/_/   _/_/_/_/_/  左ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よき解説――iida-ism

 先週のワールドプレミアムボクシング(の神戸編)について、放送の解説も務めた飯田覚士氏が、自身のブログであらためて触れている。  こういうのを解説というのか…と、シンプルでわかりやすい表現に感心。 http://www.iida-ism.com/archives/50862059.html  ゴンサレス×高山戦につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレゼント予告

 14日のワールド・プレミアム・ボクシング9(神戸版)で仕入れたプログラムなど、近々小さなプレゼントをいたします。  その前にまた無責任放談なんかするかもわかりませんが…気が向いたらたまにお立ち寄り願います。 [井]
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

World Premium Boxing 9@TOKYO

 ワールド・プレミアム・ボクシング9(東京編)を録画観戦――。 ☆WBC世界フェザー級タイトルマッチ エリオ・ロハス(1位/ドミニカ共和国)  判定 3-0(116-113, 117-111, 118-110) 粟生 隆寛(帝拳)  カウンター狙いなどあったようだけど…うまく決められずに手数が少なくなり、後手にまわって…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

World Premium Boxing 9@KOBE

 ワールド・プレミアム・ボクシング9(神戸編)を生観戦――。 ☆WBC世界バンタム級タイトルマッチ 長谷川 穂積(真正)  TKO 1回2分28秒 ネストール・ロチャ(4位/アメリカ)  左ストレートに右フック…再びの初回決着。なんと申しましょうか、お見事というほかナシ。  こんなこと今まであったか…歓声というよ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

長谷川vs.ロチャ、ロマゴンvs.高山は.....5日後!

 このとき空想した来週の神戸遠征、アクシデント(突発仕事)でもない限り、なんとか実現できる見込み。  東京の粟生戦も気にしつつ・・・・ドキドキワクワクな日になりそうだ。  ワールド記念ホールは、ユーリ・アルバチャコフの防衛戦(1993年7月)のとき行って以来、か。  1993年7月――ユーリ戦の6日後は大阪府立体育会館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長谷川穂積――もうすぐV9戦

 来週7月14日に迫ったダブル世界タイトルマッチ(神戸ワールド記念ホール)の“地元情報”です。  関西支部・マック田口のミニレポートです。 _/_/_/_/_/   _/_/_/_/_/   _/_/_/_/_/  WORLD PREMIUM BOXING VOL.9―――WBC世界バンタム級タイトルマッチ、「長谷川穂…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

マック田口の《長谷川穂積vs.ブシ・マリンガ》密着記

 3月12日、神戸ワールド記念ホール――WBC世界バンタム級チャンピオン、長谷川穂積(真正)がブシ・マリンガ(南アフリカ)を初回KOに仕留めた一戦に、“あしボク関西支部”マック田口も参戦。ちょっと遅くなりましたが、当日の模様をレポートします。 _/_/_/_/_/   _/_/_/_/_/   _/_/_/_/_/  3月1…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

長谷川穂積◎左ストレート

 ダウンを奪い、ニュートラルコーナーに下がって冷静に、まるで他人事(ひとごと)のようにカウントを待っている姿が、妙に印象に残る。  ムキになって追撃せず、同じ左ストレートを再度決めてグラつかせてから詰めにかかる。最後は「はい、そこまで」という一撃を与えてフィニッシュ――。  12日、初回1分37秒TKOで決着したWBC世界バ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

長谷川&粟生――チラ見

 校正中、たまにチャンネルを合わせ、チラ見するのが精いっぱいだったが―――  初回2分37秒TKOの長谷川穂積(真正)も、こんどは文句なしのスコア(3-0/119-107, 118-109, 116-111)で難易度の高い再戦をモノにした粟生隆寛(帝拳)も、“美事”。  なかでも長谷川の貫禄というか威風堂々ぶりには感嘆するし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あしたのリング

 変則ダブルヘッダーWorld Premium Boxing 8。  決戦前夜、まだ誰もいない神戸ワールド記念ホール。  神戸どころか東京の会場にも行けないのが、楽しみなのにリアルタイムで楽しめそうもないのが、ホントに悔しい。 ※協力:マック田口 [井]
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

目前「長谷川&粟生」変則WPB

 一般的にあまり忙しくないと思われがちな2月から忙しない毎日をすごし、気づいてみたら先だ先だと思っていた長谷川&粟生の《変則ダブルヘッダー》がいつのまにか間近にせまっていた…。  神戸はもちろん、後楽園ホールにも行けず、野球のWBCを追いかけることもかなわず・・・・それどころか生中継すらリアルタイムで見られるかどうかの、変わらぬヒ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長谷川&粟生――変則ダブル

 3月12日(木)に開催されることが決まった《World Premium Boxing 8》は――  長谷川穂積と粟生隆寛による、前回のようなダブルタイトルマッチと思いきや、神戸と東京で分けて行われる“二元開催”。 ☆★WBC世界バンタム級タイトルマッチ★☆ ――神戸・ワールド記念ホール―― 長谷川 穂積(真正) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダグラスvs.タイソン

 長谷川穂積が早々とTKO勝利して放送時間が余った、先月16日のWorld Premium Boxing 7――「ジェームス・バスター・ダグラスvs.マイク・タイソン」のダイジェスト放送。  世界戦中継で、試合が早く終わったときに流される“思い出の名勝負”的なこういうの、しばらくなかったので、妙に新鮮な感じがした。  G+で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

酔いどれ前のひとりごと vol.107 粟生惜敗で思い出す「女神」…つづき

vol.107 粟生惜敗で思い出す「女神」……つづき  長い前置きになってしまった。  高校六冠、日本王者、世界ランカー、そのほか月間MVPとか連勝記録とか、そして今回の世界戦惜敗という勲章も加わって、当然これらは当人・関係各位の努力だけれど、だからこそ次は世界王者と人は思うが、女神はそうは思わず、ここいらでもういい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酔いどれ前のひとりごと vol.106 粟生で思い出した「女神の機嫌」

vol.106 粟生で思い出した「女神の機嫌」  惜敗した粟生隆寛のことで思うことを書きました。コメントもいただきありがとうございます。もうちょい、ささいなことを足します―――。  2000年3月の、WBA世界ライト級タイトルマッチ。坂本博之がヒルベルト・セラノ戦でダウンを奪って、ついに王者か! という瞬間があり…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more