テーマ:World Premium Boxing

NO MAS Nery

 闘った結果、ルイス・ネリが山中慎介を返り討ちにしたことはもう変えようがない。  しかし闘うまでに遵守されるべき過程と前提が問題だらけだったのは、誰もがわかっていることだろう。  私は無敗を守った。失った王座は勝って取り戻せばいい――  2.3キロも超過という、確信犯といっていいレベルの恥ずべき義務放棄をしでかしておき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山中ロス

 こうなってしまうかァ…と、なんともいえない虚脱感に見舞われる残念な結末だった。  ルイス・ネリがオーバーウェートせず、"正常に"行われたとしても、同じ展開と結果になったかもしれない。  勝ってもこれが最後と決めていたらしい山中慎介は、それでも闘わせてほしいと言ったかもしれないけれど、今回はやってはいけない一戦じゃなかったか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The REAL――WPB 24!

 ポスター新作は――9月16日(金)、山中慎介&長谷川穂積による注目のダブル世界戦! art direction & design by andodesign ← 「石の拳」カバーデザインも! http://www.facebook.com/media/set/?set=a.279905045353859.78397.2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山中V10

 リボリオ・ソリスを3-0の判定で下し、WBC世界バンタム級タイトルを防衛した山中慎介。  2度のダウンを喫した3回以外は、そこまでのピンチに見舞われることがなかったとはいえ、スコアほどの差を感じられない内容。ソリスも勇敢だった。  一撃で試合を終わらせられる力を持ち、実際にそのパンチで何人も沈め、迎えた"V10"戦。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WPB23!

 ポスター新作――山中慎介と木村悠、両王者が登場の"World Premium Boxing" 23!  あした3月4日(金)、島津アリーナ京都。会場へ行けないのは残念だけど、楽しみだ。 art direction & design by andodesign ← 「石の拳」カバーデザインも! http://www.f…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神と幽霊

 あさって22日(火・祝)に行われるWBC世界バンタム級タイトルマッチ――  チャンピオン山中慎介(帝拳)、挑戦者アンセルモ・モレノ(パナマ)ともに、黒のグローブを使用するようだ。  モレノは「黒は私に幸運を運んでくる色」と語り、用意されていた青ではなく、山中と同じ黒いグローブの使用を望んだのだとか。  以前から感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WPB 21

 大阪で行われるWBC世界バンタム級タイトルマッチ《山中慎介×ディエゴ・サンティリャン》は、あした。  計量も無事にすんだようで、山中117ポンド3/4(53.4キロ)、サンティリャンは117ポンド1/2(53.3キロ)。  ライブはおろか今のところリアルタイムでのテレビ観戦もあやしいけれど、今年初となる日本開催の世界戦。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

World Premium Boxing 20!

 新作ポスターもう一つは、10月22日(水)開催のThe REAL World Premium Boxing 20!  あと約2週間……楽しみでありますな。 art direction & design by andodesign ← 「石の拳」カバーデザインも! http://www.facebook.com…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

WPB 19――"The REAL"新作

 少しばかり"事後"になってしまったけれど―――先日23日の《World Premium Boxing 19》ポスターデザインを担当しました。  事前にアップできなかったのが残念で、また別途"真正版"もあったようですが・・・・  このとき以来の"REAL"な世界戦ポスター。今後ともこういう機会がありますように。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マック田口の《キコ・マルチネスvs.長谷川穂積》手記

 4月23日、大阪城ホール。IBF世界スーパーバンタム級チャンピオンのキコ・マルチネス(スペイン)に挑み、7回TKOで敗れた長谷川穂積(真正)に密着した“あしボク関西支部”マック田口による手記―― _/_/_/_/_/   _/_/_/_/_/   _/_/_/_/_/  第7ラウンド、2度目のダウンを奪われレフェリーが両手…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

"The REAL"

 あァやっぱりこうなってしまうか――  2回にダウンを喫した際の攻防を見て(勝負事は何か起こるかわからないとはいえ)、よい結末は迎えられそうもないと予感するしかなかった。  試合を止めたレフェリーに向けた、寂しげだけどどこかホッとしたようにも見える敗者の笑顔が、印象に残る。  ちょっと雑なシーンを見せながらもきっちり仕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"The REAL"――World Premium Boxing 19

 関西より、来週23日(水)のポスターが届いた。  さるスジから関東版(←というよりこっちが本スジ?)もあるように聞いたけれど――  まあ先着順にて(笑)、ひとまずこちらを。 →→→→→  ライブで観られればよかったが、個人的にそれはかなわなくなり、テレビ観戦せざるをえなくなって残念。 ※当日夜7時から○時○分ま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

真夏のWタイトルマッチ・プラス1

 東京・大田区総合体育館で行われたダブル世界タイトルマッチ+長谷川穂積のノンタイトル戦。個人的には初めてか…なんとか"情報遮断"に成功、ライブ感覚で録画映像を堪能した。 ☆WBC世界バンタム級タイトルマッチ 山中 慎介(帝拳)  KO1R 2分40秒 ホセ・ニエベス(プエルトリコ)  立ち上がれず、試合が決すること…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

12日は"The REAL 18"

 山中慎介(帝拳)と八重樫東(大橋)によるダブルタイトルマッチ(12日/大田区総合体育館)のTwitter ジャッジ――  これがなくても要注目ではあるんだけど…幸か不幸か所用あって参加できそうもない。  深夜録画放送になる長谷川穂積(真正)の10回戦も含め、帰宅後の楽しみにしたい。  いまどき"情報封鎖"はむずかしい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

WBCトリプルヘッダー

 8日、東京・両国国技館で行われたトリプル世界タイトルマッチ。メインは特に、緊迫感に満ちた好試合だった。 ☆WBC世界バンタム級タイトルマッチ 山中 慎介(帝拳)  TKO12R 1分57秒 マルコム・ツニャカオ(真正)  ロハス戦ほどではなかったものの、3回にキレある左ストレートで2度ダウンを奪った山中の完勝ペー…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

マック田口の《長谷川穂積vs.フェリペ・カルロス・フェリックス》手記

 4月6日、東京国際フォーラム。前WBC世界フェザー級チャンピオン、長谷川穂積(真正)がフェリペ・カルロス・フェリックス(メキシコ)を7回TKOで下した一戦に密着した“あしボク関西支部”マック田口による恒例? の手記を――。 _/_/_/_/_/   _/_/_/_/_/   _/_/_/_/_/  長谷川穂積の1年ぶりのリ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雑感――World Premium Boxing 15

 今回の"World Premium Boxing"は、年齢による衰えとの闘いだった……というのは私自身の話で、加齢によるものかどうかはわからないのだけど、近年すこぶる物覚えが悪くなっていて、テレビ放映の日時を覚えているかどうか、はたまた録画できているのかどうか、という心配があった。  ちなみに、4月4日に行われた世界戦にはまった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

The REAL..... World Premium Boxing 15

 東京国際フォーラム・ホールAで開催された"World Premium Boxing 15"は、日本の3選手がすべて勝利を収める結果に終わった。  スタンド上部からリングまで意外と距離があり、ちょっと見づらかった…。 ☆WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ 粟生 隆寛(帝拳)  判定 3-0《116-112, …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

あした、有楽町で逢いましょう

 あした6日(金)、東京・有楽町の東京国際フォーラムにおける、World Premium Boxing 15は―――  スーパーフェザー級の粟生隆寛とバンタム級の山中慎介(ともに帝拳)によるダブルタイトルマッチ、そして1年ぶりのリングとなる長谷川穂積(真正)が出場の三番勝負! ▼開場 4:00PM ▼第1試合開始 5:00…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

World Premium Boxing 15

 東京国際フォーラム(のホールA)か…できた頃に一度行ったことがあるけれど、ボクシング会場としては想像できなかったねェ。  4月6日(金)に開催されることになった『ワールドプレミアムボクシング 15』――メインの3カードは、粟生と山中が行う防衛戦と、長谷川穂積のノンタイトル戦! ◇WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マック田口の《長谷川穂積vs.ジョニー・ゴンサレス》手記

 4月8日、神戸。WBC世界フェザー級チャンピオン、長谷川穂積(真正)がジョニー・ゴンサレス(メキシコ)に4回58秒KOで敗れた一戦に、“あしボク関西支部”マック田口もいつもどおり参戦。残念な結果に終わったショックはいまも癒えないけれど…恒例の手記を一筆。 _/_/_/_/_/   _/_/_/_/_/   _/_/_/_/_/ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

残念な1敗

 8日(金)、神戸ワールド記念ホールで行われたWorld Premium Boxing 13――日本人チャンピオンによるトリプルヘッダーは、2勝…残念ながら1敗に終わった。 ☆WBC世界フェザー級タイトルマッチ ジョニー・ゴンサレス(メキシコ/1位)  TKO4回 58秒 長谷川 穂積(真正)  残念な結果になって…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

東京→神戸

 4月8日(金)に行われるWorld Premium Boxing 13――長谷川穂積、西岡利晃、粟生隆寛の3チャンピオンによるトリプルヘッダーは、東京・両国国技館から神戸・ワールド記念ホールに会場が変更されることになった。  大きな余震の可能性、電力不足、そして原発トラブル・・・・中止されるよりはよかった、と考えるべきか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マック田口の《長谷川穂積vs.ファン・カルロス・ブルゴス》手記

 11月26日、名古屋・笠寺。WBC世界フェザー級2位、長谷川穂積(真正)がファン・カルロス・ブルゴス(メキシコ)を3-0の判定で下して2階級制覇を決めた一戦に、“あしボク関西支部”マック田口もいつもどおり参戦。ちょっと遅くなりましたが(!?)、短い手記を配信いたします。 _/_/_/_/_/   _/_/_/_/_/   _/_…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレゼント

 26日に行われた《World Premium Boxing 12》――  「長谷川穂積vs.ファン・カルロス・ブルゴス」、「粟生隆寛vs.ビタリ・タイベルト」によるダブルタイトルマッチのプログラムを3名の方にプレゼントいたします。  サイズは、A4(29.7×21cm)。 ※有料のものでも特別な非売品でもなく、当日会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長谷川穂積&粟生隆寛、ダブル戴冠

 名古屋の日本ガイシホールで行われた《ワールド・プレミアム・ボクシング》、ダブル世界タイトルマッチは―――  長谷川穂積、粟生隆寛ともに判定で勝利し、見事2階級制覇を達成した。 ☆WBC世界フェザー級王座決定戦 長谷川 穂積(真正/2位)  判定 3-0(116-111, 117-110, 117-110) フアン…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

World Premium Boxing is ON !

 あした26日、日本ガイシホールで行われる《ワールド・プレミアム・ボクシング》を楽しむため、今から名古屋へ移動。  もちろんこの時間に新幹線は動いていない。料金が新幹線の約3分の1という安さに魅せられて高速バスに乗って・・・・朝6時半に到着予定(試合までナニしてようかと思うくらい余る時間は…どうしよ)。  で、きょうの公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あるWPB解説記

 飯田覚士氏による、あの"World Premium Boxing 11"の観戦記というか解説記がアップされている。 http://www.iida-ism.com/archives/51032859.html  簡潔でわかりやすい。  最後の一節――ボクシングの人気低迷や視聴率について触れた件(くだり)は、思うことと…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

初回!?

 フェルナンド・モンティエルとの統一戦に敗れた長谷川穂積が痛めたアゴは「右角部下顎(かがく)骨骨折」と診断され、来週にも入院し、手術を受けるのだそうだ。  4ラウンドに乱打されたときではなく、初回にもらったパンチですでに痛みを訴えていたという報道を目にし、そんなヒットを許したシーンが初回にあったか記憶になかったので再度映像を確かめ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

6秒間の暗転

 4月30日の「フェルナンド・モンティエルvs.長谷川穂積」戦のビデオを見返した。4回終了直前、腰を落とす左のパンチを食ってから、ローレンス・コール主審が試合を止めるまで、およそ6秒。  それまで長谷川の負けを予感させるようなシーンはなかったが…結末は突然だった。  何ラウンドだろうと、どんな展開でどれだけリードしていようと…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more