テーマ:雑誌,書籍

みんな生きてる 【酔いどれ前のひとりごと vol.216】

vol.216 みんな生きてる    片づけをしていたら『東京12チャンネル 運動部の情熱』という本が出てきた。  一気に読んだ記憶はあるが中身は忘れていた。手をとめて、《モハメド・アリvsジョー・フレージャー》の舞台裏のページを繰る。  1971年3月9日の世紀の一戦はライブ放送で、それをおれは見ていたと思って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あと一歩

 野球誌の編集時代、校正等で少しばかり関わった企画がまとめられた一冊。  早いところではもうすぐ始まる、夏の都道府県大会。"悲願"が実る高校は出るのか。  内容・結果と同じくらい、試合や選手を取り巻く環境の変化も興味深い101回目だ―― [井] あと一歩!逃し続けた甲子園 47都道府県の悲願校・涙の物語KADOK…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『証言 イチロー』

 引退はしたけれど、存在感と影響力はまだまだ大か。  個人的には、『走れ! イチロー』や『古畑任三郎』の制作関係者など、これまであまり出てこなかった人の話が気になる……。 [井] 証言 イチロー 「孤高の天才」の素顔と生き様宝島社 Amazonアソシエイト 証言イチロー 「孤高の天才」の素顔と生き様 [ 別冊宝島編集…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"THE MINI MIKE TYSON"

 アメリカのRING Magazineにつづき、イギリスのBOXING MONTHLYにも―――  "THE MINI MIKE TYSON"や"BOMBER"といった、MONSTER以外のワードも踊る表紙や誌面。  エマヌエル・ロドリゲスとのWBSS準決勝に臨むため渡英した井上尚弥陣営の目にも触れ、手にも入っている………
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

準備せよ。

 史上最長連休前――またまた気になるホンをポチリ。 [井] 準備せよ。 スポーツ中継のフィロソフィー (Number Books)文藝春秋 田中 晃 Amazonアソシエイト 準備せよ。 スポーツ中継のフィロソフィー [ 田中 晃 ]楽天ブックス 田中 晃 文藝春秋ジュンビセヨ スポーツチュウケイノフィロソフィー タナカ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Scot…

"おまえのことは決して忘れない。 小便をするたびに思い出すだろう"  昔(もう6年もたつのか……^^;)編集したロベルト・デュラン「石の拳」一代記…因縁? のローブローで世界ライト級王座を奪取したデュランに対し、のちにこうボヤいた前王者のケン・ブキャナン。  中心地に「ブキャナンストリート」や「ブキャナンバステーション」がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

球の縁

 著者とダルビッシュ有との不思議な縁に、"こういうこともあるんだ…"と感じた一冊を購入。  内容は――これから。 [井] セイバーメトリクスの落とし穴 (光文社新書)光文社 お股ニキ(@omatacom) Amazonアソシエイト セイバーメトリクスの落とし穴 マネー・ボールを超える野球論 (光文社新書) [ お股ニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わずらう 【酔いどれ前のひとりごと vol.209】

vol.209 わずらう  2017年6月、いきなり糖尿病を告知された。  血糖値500、ヘモグロビンA1C13.4という高い数値だった。即入院、即インスリン注射と、医者たちは口をそろえたが、食事と投薬で、半年後、血液は正常値になった。その間、低血糖症に襲われて、2度死にかけた。  糖尿病の数値はおさまったもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古今亭にはかなわねぇ。

 積ん読棚から取り出した、河出文庫『志ん生一家、おしまいの噺』―――  本文も、巻末の《立川談志×美濃部美津子 対談「古今亭にはかなわねぇ。」》も、いい感じ。 [井] 志ん生一家、おしまいの噺 (河出文庫)河出書房新社 美濃部 美津子 Amazonアソシエイト 志ん生一家、おしまいの噺 (河出文庫) [ 美濃部 美津…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全米は、泣かない。

 タイトル秀逸。  映画惹句師――という職名、初めて目にした――の関根忠郎氏(自分の父親と同い年ながら現役!)の章が、個人的にはいちばん惹かれたかな。  著者の芸人さんのこと、恥ずかしながら知らなかった…。 [井] 全米は、泣かない。あさ出版 2018-03-17 五明拓弥 Amazonアソシエイト 全米は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拳に聞け!

 当時書店で見た覚えはあったような気がするけど、記憶は定かじゃない…  2015年に刊行された『拳に聞け!』が、文庫化されている。 [井] 拳に聞け! (双葉文庫)双葉社 2018-07-12 塩田 武士 Amazonアソシエイト 拳に聞け! [ 塩田武士 ]楽天ブックス 塩田武士 双葉社コブシニキケ シオタ タケシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

評伝ロッキー・マルシアノ

 UNBEATEN(無敗の王者)――ロッキー・マルシアノの評伝翻訳が刊行されているようだ。  30数年前、『傷だらけの栄光』のロッキー・グラジアノと混同していた時期があったことを思い出す ^^;  ちょっといい値段だけど、気になる一冊だ。 [井] 無敗の王者 評伝ロッキー・マルシアノ早川書房 マイク スタントン …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

負けたくなかった…

 2017年に読売新聞で連載されていた「時代の証言者」(知らなかった…)を加筆修正し、まとめた一冊、だそうだ。  編集的に、思ったところがいくつか。しかしそれより残念だったのは―――  世界タイトルを獲得したフアン・グスマン戦に触れているページで、別の試合(たぶん、V8のアルフォンソ・ロペス戦)の写真が誤って掲載されているこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1R1分34秒

 受賞作決定のニュースを見聞きしても、いまひとつピンとこなかったけれど――  これまででいちばん積極的に、読んでみようと思った芥川賞作品…かもしれない。 [井] 第160回芥川賞受賞 1R1分34秒新潮社 町屋 良平 Amazonアソシエイト 1R1分34秒 [ 町屋 良平 ]楽天ブックス 町屋 良平 新潮社イチラウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BEST PUNCHER : Naoya Inoue!

 THE BIBLE OF BOXING――  RING MAGAZINEの2月号が、ようやく届いた。  井上尚弥が「BEST PUNCHER」に選出されている“STATE OF THE GAME”等々、この老舗専門誌でページが割かれているだけでなく、日本人ボクサーが初めて、単独で表紙を飾るときが来るなんて……  改め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「やっぱ志ん生」か… ^^

 恥ずかしながら、いまだ寄席に行ったりしたことはないのだけれど……  落語や、落語にまつわるハナシを聴いたり読んだりすること、わりと好きなのであります ^^; [井] やっぱ志ん生だな!フィルムアート社 2018-06-25 ビートたけし Amazonアソシエイト やっぱ志ん生だな! [ ビートたけし ]楽天ブックス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こうえつ…

 今さら聞けない――と思っているわけではないけれど(笑)、ちょっと気になる一冊をポチリ。  この年末年始に読めるかな。 [井] 校閲記者の目 あらゆるミスを見逃さないプロの技術毎日新聞出版 2017-09-01 毎日新聞校閲グループ Amazonアソシエイト 校閲記者の目 あらゆるミスを見逃さないプロの技術 [ 毎日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『終わった人』……

 学校を出て最初に入った会社(就いた仕事)で定年といわれる年齢を迎える人って、どのくらいいるんだろ。  小説とはいえ遠くない年代の話。まだ終わらない、終わってない(でも終わってると思われてる?)、などと自身のこともウジウジ顧みながら読了。  ボクシング、後楽園ホールが出てくるシーンはどう描かれているのかいないのか。映画も見て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ohtani-san's Number

 きょう20日発売のNumber 968・969号、表紙を飾っているのは大谷翔平、撮っているのは―――  篠山紀信。  辰吉丈一郎の記事もある“スポーツブーム平成史”……ポチリ。 [井] Number(ナンバー)968・969号「スポーツブーム平成史 熱狂を超えろ。」 (Sports Graphic Numb…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「三億円」から50年…

 1968(昭和43)年12月10日の発生から50年―――  あの「三億円事件」を「計画・実行した」人によって書かれた本が、刊行されている。  軽い驚きと猜疑心を抱きながら購入。  どんな読後感になるかは…まだわからない。 [井] 府中三億円事件を計画・実行したのは私です。ポプラ社 白田 Amazonアソシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月号にも――

 リング・マガジン《2019年2月号》の表紙を単独で飾るという、井上尚弥。 https://www.ringtv.com/548295-naoya-inoue-the-monster-makes-history-as-ring-magazine-cover-star/  ひとつ前の《1月号》にも、ロマチェンコやカネロ、ジョシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テレ東の…

 あのウェルター級頂上決戦《シュガー・レイ・レナードvs.トーマス・ハーンズ》――  1981年9月16日に行われたこの一戦を放送してくれたのが、テレビ東京。  自分にとって、テレ東と聞いていつも、まず思い出すのはこのスーパーファイトだ。  そんな伝説の一戦に触れているページ……はまったくなかったけれど、目に止まり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MONSTER's RING

 ついにリング・マガジンの表紙に――ここまできたかモンスター! https://www.ringtv.com/548295-naoya-inoue-the-monster-makes-history-as-ring-magazine-cover-star/  次はスポイラか…なんてな。 [井]
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フジテレビはなぜ…!?

 言われてみるとたしかに、ひところ感じた勢いのようなものはない気がするものの、「凋落」なの? とも思う。  でもまあ、井上尚弥や村田諒太らのボクシング中継を見る限り、軟らかすぎず硬すぎず、ここ数年は好バランスを保っているように思える、かな。 [井] フジテレビはなぜ凋落したのか (新潮新書)新潮社 吉野嘉高 Amazo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜデキる男とモテる女は…

 デキもモテもしない理由はこれだけじゃないだろうけど――  最後はいつだったか思い出せないくらい、しばらくヒコーキには乗ってないな。 [井] なぜデキる男とモテる女は飛行機に乗るのか?ダイヤモンド・ビッグ社 パラダイス山元 Amazonアソシエイト なぜデキる男とモテる女は飛行機に乗るのか? [ パラダイス 山元 ]…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書という荒野

 ホセ・トーレスの著書『カシアス・クレイ』がもたらした影響が大きいという。  僕は今でも、ボクシングを人生のすべてが凝縮された最高のスポーツだと思っている ――  そうだったんだ、と少し意外に感じた一節あり、うなずけることもあり……な一冊だった。 [井] 読書という荒野 (NewsPicks Book)幻冬舎 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ロッキー』は4位…

 目に止まった新刊、スポーツ映画トップ100。  オビに見えるキャッチに『ロッキー』は4位!、では1位は?――などとある。  自分の好きなあの作品は入っているだろか……たぶん1位ではないだろうけど(笑)、気になるな。 [井] スポーツ映画トップ100 (文春新書)文藝春秋 芝山 幹郎 Amazonアソシエイト …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江夏×古葉

 1979年の日本シリーズ第7戦9回ウラ、あの「21球」のときをめぐって―――  この直接対談はまだ、だったか。  Number最新号、カープの花道。…ちょっとたのしみだ。 [井] Number(ナンバー)962号 V3から日本一へ カープの花道。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭に来ても…

 ものすごく売れているらしいことに嫉妬(?)していたわけではないのだけれど――  いまさらながらポチり。  すべてではないが賛同できるところ少なからず。 [井] 頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法朝日新聞出版 2014-07-08 田村耕太郎 Amazonアソシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

INOUE on Forbes Japan

 自分の試合が決まったら「井上の試合が決まったぞ!」と、常にみんなをワクワクさせる──そんな選手になりたいですね。  新興のトーナメント戦とはいえ注目度の高いWBSSに第1シード扱いで出場が決まるなど、その域にはもう達しているだろう。  と思うのはまだボクシングファンだけ…か。 https://forbesjapan.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more