テーマ:ラスベガス

Pound Forty Pound?

 最強の40歳? かどうかはわからないけれど――  かつて見せたほどの鋭さはなく、またエイドリアン・ブローナーのディフェンシブな闘いぶりもあったとはいえ、40歳のマニー・パッキャオが想像以上の内容で判定勝利をおさめた。  日本で荒稼ぎしたあの男との再戦話が具体化するのかどうか――それもまだわからない。 [井]
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カネロ勝利

 僅差でゲンナディ・ゴロフキンか、もしかしてまたドローかというのが終了直後の印象も――勝者はカネロ・アルバレスだった。  まあでも、どちらともとれるラウンドが多く、押し気味だったのはカネロだったか。前回同様、賛否いろいろ飛び交うのだろうが、どちらがコールされていてもいい内容。  クリンチの少ない、緊迫感ある好ファイトだっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あしたはどっちだ

 賭け率ではゴロフキン若干有利と出ているようだけど―――なにが起こるか、どうなるか。  計量も(それが当たり前なんだけど…)両雄無事にパス、もうすぐリマッチ。 [井]
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あれも37年前

 アメリカで戴冠する快挙を演じたのは三原正以来37年ぶり、という伊藤雅雪の関連記事を見ていろいろ思い出した、1981年。  今のようにすぐ見られることはなく、リアルタイムどころか直に映像をチェックできたのがどれくらいたってからだったかの記憶も定かではないのだけれど――  サルバドール・サンチェスvs.ウィルフレド・ゴ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フィルム時代――初めてのベガス

 初めて行ったのは、1995年8月だった――  オスカー・デラホーヤ×ヘナロ・エルナンデス戦が行われるシーザースパレス周辺を散策した際の1枚。  のちにビッグファイトの多くは、このころに完成したMGMグランド(周囲にはまだ空き地も多かった…)で開催されていく……  そんな時代でありました。  観戦した試合はマイク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラスベガスは遠く…

 よく行く書店でなんとなく立ち止まった旅行ガイドの棚――手に取った《ラスベガス》のガイドブックを何冊か見て、少しばかり驚く。  新しく建ったホテルやら何やら、初めて見るモノがいくつも載っている(!)。  500円玉貯金等々をやりくりし、年に1~2度行っていた頃ですら、そのたびに「こんなのできたんだ…」なんて感じていたくらい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベガスのある思い出

 ラスベガス大全の週刊ラスベガスニュース、2016年12月14日号《エレベーターの 「閉じる」 ボタン、押すとカッコ悪いワケ》を読んで――  ああぁ言われてみればたしかに。「押しても閉まらない」と感じることが多かったのを思い出す(ラスベガス以外でも)。  なるほどね…理由等々含め、勉強になった。 [井]
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本物のカジノへ

 ラスベガスをはじめ各地のカジノを知る著者による、あれやこれ――カジノ法案諸々に関わる人にとって、参考になること多々、だと思う一冊。 [井] 本物のカジノへ行こう! (文春新書)文藝春秋 松井 政就 Amazonアソシエイト by 本物のカジノへ行こう! [ 松井政就 ]楽天ブックス 文春新書 松井政就 文藝春秋発行年月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう12月…

 2015年も、はや12月。  アッという間にいろいろ振り返る時期になっちまった^^;  やはり今年は――今年のハナシだったっけか、と思うほど時間がたったような気がする超巨大イベント。  暮れに国内での注目カードがまだあるものの、個人的に、いまのところいろんな意味で印象深かったのはこれか。  だれもできない(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三浦…

 敗戦という結果は残念としか言いようがないけれども――  一進一退、スリリングないい試合だった。  海外でたくましく闘う選手がもっと増えてほしい。先週末ラスベガスで行われた三浦隆司の防衛戦の録画を見て、あらためてそんな思いに耽った。  つづいて、メインの「カネロ×コット」も見ておこうか。 [井]
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうなる無敗記録

 メイウェザー戦 チケット残るなんて、一時はYahoo! JAPAN のニューストピックスにも出た、フロイド・メイウェザーのプロキャリア最終戦…とされている試合が、日本時間13日の午後行われる。  相手はアンドレ・ベルト。  メイウェザーの試合だから内容も結果ももちろん気になるものの、予想が裏切られそうな可能性を感じないとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Mayweather 48-0

 4回にパッキャオが左ストレートを決めたあと、もう一押しできていたら違う展開に…というのは不毛なタラレバか。 ☆FIGHT of the Century フロイド・メイウェザー(アメリカ)  判定 3-0《118-110, 116-112, 116-112》 マニー・パッキャオ(フィリピン)  メイウェザーの判定勝ちと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

May-Pac計量&粟生×ベルトラン

 先に秤に乗ったマニー・パッキャオが145ポンド(65.77キロ)で、フロイド・メイウェザーは146ポンド(66.23キロ)。  時間が止まるのか地球が揺れるのか、それとも……?  低いオッズが出ているように、メイウェザーは判定勝負を見据えた引き気味のスタイルで…という可能性が高いとは思うけど、案外序盤から積極的に打って出る…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Fight Week.....Final Countdown

 5月2日の30日前から、毎日Showtime Boxing Facebookページで更新されているカウントダウンバナー・・・・この日のつづき。  両雄も現地入り――世界の時間が止まる? まで、あと3日! [井]
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Money Money Money.....

 5/1、5/2 の宿泊料が高い理由と毎年GWがそうなるワケ――  と題したラスベガス大全の「週刊ラスベガスニュース」2015年4月8日号(第950号)は、《MAYWEATHER-PACQUIAO》関連記事。  対戦が正式決定した直後から宿泊予約殺到と聞いてはいたが、1泊1000ドル(≒12万円!)以上の値をつけても売れるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

COUNTDOWN >>> SHOWDOWN

 5月2日の30日前から、あっぱれなことに毎日Showtime Boxing Facebookページで更新されているカウントダウンバナーが、ここまで19本。  デザインを変えて毎日――たいへんだろうと想像するけど、あした以降の11本も楽しみだ。  し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TICKET SALES COMING SOON ! ……?

 COMING SOON! となって久しいチケット発売。  試合まで約3週間。ほんとに開催されるのか。そこまでの心配はしなくてもいいと思うけど(笑)、どうなるんでしょうか――。 [井]
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Mayweather-Pacquiao is ON

 また流れてしまうのだろうとなんとなく思い始めていたら(5月2日になるとしたらタイミング的にもう決まらないと遅い…)――  ついに《フロイド・メイウェザーvs.マニー・パッキャオ》のメガファイト決定の報。  日時は当初言われていた通り現地時間5月2日(土)、会場はラスベガスのMGMグランドガーデン。  何度か言っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱くなき再戦

 序盤こそそれなりの緊迫感があったものの、マイダナが単調な攻めに終始し、ラウンドを重ねるにしたがってその度合いは薄れていく。  残念ながら、こんなふうにならなきゃいいけど…という凡戦になってしまったなァ(初戦がこんな展開になるんじゃないかと思ったけど)、そんな印象を抱いた一戦。  5月にも感じたことながら、何年か前ならもうち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Mayweather-Maidana2

 今週末(って、あした=日本時間の日曜)に行われる注目の一番。  対戦カードの魅力はそれほどでもないけど、ファイトウィーク、特に前日の公開計量は試合に勝るとも劣らない雰囲気を感じさせてくれるラスベガスがなつかしい。  5月初旬と9月中旬の週末、毎回行ける身分になりたい…。  生中継、見られるといいな。 [井]…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベスト8のオッズ

 総じてサッカーに無関心なアメリカでも、ワールドカップはラスベガスで賭けの対象になっている。開幕前に主要カジノのスポーツブックでついた優勝チーム当ての賭けは、ホスト国でもある王者ブラジルが当然のように最も低い倍率。  ほか、ラスベガスヒルトンのオッズを例にとると――  ブラジルは2.5倍の大本命。オランダ25倍、日本を一蹴し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The MOMENT

 フロイド・メイウェザーが146ポンド(66.23キロ)で、マルコス・マイダナは146.5ポンド(66.45キロ)――  いい暦なのに、またもリアルタイムで中継を見るのはむずかしそうで(というより現地にいられなくて)悔しいけれど…  サプライズの可能性はやはり低いと想像するけれど…  それに近い"瞬間"が訪れるような展…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TOE TO TOE

 ホルヘ・リナレス優位の予想はもちろんできたものの、逆の目が出る可能性だって十分にある――  と思っていたが、リナレスは巧く、たくましかった。  荒川仁人には残念な結果になったが、2~3年前には想像もできなかったMGMグランドガーデンでの、しかもPPVのカードに登場することになった実績と"登攀"ルートには、おおいに敬意を表す…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

リナレスvs.荒川が楽しみ

 日本時間本日、ラスベガス。メインのカネロ・アルバレス×アルフレド・アングロは前日に契約ウエート変更とかあったようだけど――  個人的にはメインイベントよりも《ホルヘ・リナレスvs.荒川仁人》が気になっている、あのMGMグランドガーデンアリーナのリング。  現場にいられないこと、なおかつリアルタイムで見られないことは残念とし…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ラスベガスで《リナレス×荒川》

 ホルヘ・リナレスと荒川仁人が対戦する。  3月8日(日本時間9日)、開催地はなんとラスベガスのMGMグランドで、メインが「カネロ・アルバレスvs.アルフレド・アングロ」という注目興行のアンダーカードだ。  海外へ出ていい試合を見せる実績を作った荒川――なんとなく結果も良く出るような気がするが、果たしてどうなるか。残念ながら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Bradley-Pacquiao 2

 4月12日、ラスベガスはMGMグランドガーデン――  結局はこのカードの再戦でまとまったようだ。  どんな内容と結果になるのか。"残された仕事"の実現に向かう…のかどうかという意味でも、気になる一戦だな。 [井] ロベルト・デュラン "石の拳" 一代記白夜書房 クリスチャン・ジューディージェイ Amazonアソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

THE ONE and only――フロイド・メイウェザー

 その場にいたかったけどかなわなかったラスベガス――サプライズは起きず、メイウェザーが45個目の白星を手にした。 ☆WBC/WBA 世界スーパーウェルター級タイトルマッチ フロイド・メイウェザー(アメリカ)  判定 2-0《114-114, 116-112, 117-111》 カネロ・アルバレス(メキシコ)  マジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もしもベガスへ行けたなら

 もしも行けてたとしたら――おそらく今日飛び立つスケジュールだったろう。  いまごろは太平洋上空…ロサンゼルスかサンフランシスコに近づいて、機内で朝飯を食ってる頃か。  そんな妄想をたくましくするしかない現実が、とても悔しい。 (メイ&カネロの両雄もベガス入りし、当然ながら現地も大盛況の様子…)  過去の写真でな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Fight Week of "THE ONE"

 今週末14日(日本時間15日午後)は、ラスベガスでメガファイト。  行きたかった……。  そこにいてドキドキしたかった。  MGMグランドのロビーに鎮座するライオンを拝み、試合当日はもちろん前日計量で飛び交う凄まじい歓声も体感したかった。  メイウェザーがカネロをさばききって判定勝ちという意外感のない凡戦に終わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復刊か…

 一時期気にしていたけれど休刊してしまったカジノ雑誌が、いつのまにか復刊している。  休刊は廃刊とほぼ同義と思っていただけに、ちょっと驚き。  個人的にはスポーツブックの関連記はあるだろか――という中身が気になるところ。あしたチェックしてみようか(置いてる書店、多いかな…)。 [井] CASINO japan(カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more