テーマ:辰吉丈一郎

なにわ男子のジョー

 おじさんはまったく知らなかったが、関西ジャニーズJr.のなにわ男子に、藤原丈一郎くんというメンバーがいるそうな。  ふじわら・じょういちろう――この名前もしかしてと想像するまでもなく、お父さんが大ファンである辰吉丈一郎にあやかってつけたらしい、とすぐにわかった。  1996年2月生まれの丈くんは、幸か不幸か野球好きなんだと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「辰吉家の常識 世間の非常識」

 きょう18日(月)、NHK総合テレビで放送されるノーナレという番組は――  辰吉丈一郎夫妻が出演の、辰吉家の常識 世間の非常識。  夜10時50分、帰れているかどうか微妙な時間…録っとこ。 [井]
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィルム時代――また一つ

 カネもないのに、このころはいろいろ出歩いてたくさん撮ってたもんだ―――  今回はこのときの“メインイベント”で撮ったもの。  ピント(ファインダー内の合焦確認表示)を気にしすぎて、顔を画面の真ん中へんにしたまま撮ったんだったかな。  表情もポーズもよかったのに……上をあけすぎか。  リチャード・スティールも…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

料理番組のジョー

 28日、NHKのBSプレミアムで放送された番組が、ちょっとおもしろかった。 https://www.nhk.or.jp/okayama/program/a_okayama/index.html  粂二さんのきょうだい、初めて拝見した。  で、具だくさん味噌汁、賞味したくなった :-)  電源を切り忘れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まご

 初めて"浪速のジョー(浪速のタイソン、なんて呼称もあったっけか)"をライブ観戦したのはこのとき。  1990年、まだ平成ひとケタの年だ。  あれからもう27年もたつのか…… ^^;  自分が喰っているトシを感じるのと同時に、まあ27年もたてば"孫が誕生予定"というニュースを目にすることもあるか、という少し冷めた思いを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョーのあした ~辰吉丈一郎との20年~

 やっと観賞できた、ジョーのあした。  前作BOXER JOEから21年、同じテアトル新宿で――  なんというか、辰吉丈一郎なればこその"続編"。  淡々と、そのときどきの心情を語り、いまだ現役であることを強調するも、試合をしていない、その予定も今のところ立っていない現実……  本人はもどかしく思っているかもしれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョーのあした

 映画ジョーのあした -辰吉丈一郎との20年-が、2016年に公開――  阪本順治監督が、1995年の『BOXER JOE』公開後も「同じスタッフで定期的に撮影を続けて誕生したドキュメンタリー」で、第28回東京国際映画祭においてプレミア上映されるという。  そんなニュースを目にし、いまだ「現役」であることも含め、少なからぬ驚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12月4日――あの年は日曜日

 アメリカのボクシング関連サイトやSNSを見ていると、「○年前のこの日にあった☆☆☆……」「○月○日は、この一戦から○年」みたいな記述が目につく。  そのノリでいくと――  あした12月4日(この年は日曜だった)は、名古屋であの《薬師寺保栄vs.辰吉丈一郎》戦が行われた日。  あれから、はや20年(!)。  いろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あの試合の話

 会場で、リアルタイムで見たのとはちょっとばかり違う印象を抱いた試合――だった。  その、多くのボクシングファンの心に残る「あの一戦」の当事者の一人を取材すべく、昨日からきょうにかけて福井市某所を訪問。  聞いてみるもんだ。行ってよかった。  往復1,000キロ超のロングドライブを終え、心地よい疲れとともに帰還。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

《井岡vs.八重樫》×《薬師寺vs.辰吉》

 20日に大阪で行われる世界ミニマム級王座統一戦《井岡一翔vs.八重樫東》の一戦に、薬師寺保栄と辰吉丈一郎がスペシャルゲストとして来場――  TBS系でのテレビ中継内では、1994年12月4日に名古屋で拳を交えた両者による対談も放送されるという。  18年前も中継した局ならではのキャスティング効果で、数字もそれなりに上向くと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あの3月3日から、もう16年

 3月3日――というと何となく思い出すのが1996年の横浜アリーナ。  だいぶ前にこういう記事を発信したり、こんなことを書いたりもしたんだけれど、こんどはチケットも出てきたのでもう一度。  といっても何か新しいネタがあるわけでもなく、年寄りくさく懐かしむだけでありますが(笑)。  ヒマを見ては、雑然としがちな周囲の…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

幻の一戦

 なつかしく、珍しいモノが出てきた。  ビクトル・ラバナレスとの激しいリターンマッチを僅差で制したあとに決まり――決まったと思ったら網膜剥離が発覚し、キャンセルされてしまった一戦だ。  なぜこれが手元にあるのか(しかもなぜ非売のご来賓席なのか)、記憶が定かでないのが妙なんだけれども・・・・  辰吉丈一郎に関する物事には…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

JOE from 1995

 1995年8月、初めて行ったラスベガスで見たこの試合。そして3カ月後にはこの試合も――  一緒に行った面々がおよそ15年ぶりに集まった(といっても計3人)酒席から帰還。  思い出すこと、思い出せないこと、記憶がそれぞれで違うこと等々積もる話にたくさん花が咲き――飲んだビールが五万本♪  ・・・のつもりが、なぜかビール…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

それでもやる

 このときもそうだったんだけれども、個人的に手に取りたくなるタイトルの新書。  著者は――41歳になり、試合をしようにもなかなかできないながら「現役」でい続ける、元WBC世界バンタム級チャンピオン、辰吉丈一郎。  ボクシングの本としてというより…20代、あるいは30代にさしかかるくらいの若者(!?)が読んでみるといいのでは。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

辰吉@キンスマ、アリvs.フレージャー@NHK-BShi

 いつものように、録りっぱなしでまだ見られていない。  1994年12月の「薬師寺vs辰吉」戦は名古屋で生観戦し、1975年10月の「アリvs.フレージャー III」もマニラで生観戦・・・・だったらよかったがこれはもちろん後年ビデオ観戦。  どう振り返っているのか、おもしろかったのか、見られない時間が長いと余計に気になる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『kamipro』で読んだ辰吉

 男の散り際――。  まだ散ってなかったのか・・・・と思った人は少ないんだろうか。表紙や記事中の写真も「俺はまだ終わっておらん」といった顔、表情には見えなかったなァ。  いまもこのときと考えは変わっていないが、中の記事もやはり・・・・個人的にはつらい内容が多かった。 [井] kamipro 134 (2009)…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

辰吉TKO負け・・・・

 元WBC世界バンタム級チャンピオンの辰吉丈一郎が8日、タイ・バンコクでサカイ・ジョッキージム(19=タイ国スーパーバンタム級1位)を相手にノンタイトル10回戦を行い、7回TKO負けを喫した。  序盤から劣勢に立たされ、3回にはダウンを食い、最後は自陣からタオル投入という、文字どおりの完敗だったようだ。  残念ながら、本人と…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

辰吉再起第2戦

 辰吉丈一郎が3月8日にタイ・バンコクで行う再起第2戦の相手が決まったようだ。 http://www.boxrec.com/date_search.php?yyyy=2009&mm=03&dd=08  無事に試合が終わればいいな・・・・と、毎度思うことは同じ。 [井]
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「辰吉家公式サイト」

 いままでなかったのが不思議といえば不思議といえる「公式サイト」が昨年12月15日に開設されたようだけど・・・・ ↓  きょうまで知らなかった(笑)。  で、復帰第2戦が3月8日にタイ・バンコクで行われることが決まったという。  現役続行を肯定できないという考えに変わりはないが、その執念には感服する。 […
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CRブルースリー GAME OF DEATH

 元WBC世界バンタム級チャンピオン、辰吉丈一郎がリング入場テーマに使用していた、ブルース・リー主演の映画『死亡遊戯』。  高尾というメーカーによって、パチンコ台として世に出るみたい。  ↓ http://www.takao.gr.jp/special/brucelee/  その辰吉本人は現役続行の意思をあらためて表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

辰吉にまつわる堂々巡り

 引退を説得するよう大阪帝拳の吉井寛会長に指示したっつってもなァ・・・・「ハイわかりました」と首をタテに振るくらいなら、こんなやりとりになってないだろうに。  これほど影響力の強い「選手」にもしものことが起こったら無風では済まないし、何よりもやはり危険度が高いからやめるべき、やめさせるべき――の考えは正しいと思う。  しかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

辰吉の窮地に思うこと .....

 日本でのライセンスが失効し、先月タイで5年ぶりに試合を行った元WBC世界バンタム級チャンピオン、辰吉丈一郎。TKO勝ちし、現役続行も表明した。しかし―――。  当地のプロモーターとJBCが会談し、「今後許可なく(辰吉の)試合を組まないことを確認」したという。 http://www.sponichi.co.jp/battle…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

辰吉がタイで5年ぶり勝利 .....

 元WBCバンタム級チャンピオンの辰吉丈一郎が、きのうタイのバンコクでノンタイトル10回戦を行い、当地のランカー、パランチャイ・チュワタナに2回TKO勝ち。5年ぶりの白星をあげた。  各紙報道によると、 「もう一度、試合がしたい。試合をこなしたい」  と語り、あらためて今後も現役を続ける考えを表明したそうだ。 …
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

辰吉は「引退選手」に .....

 2003年9月26日を最後に、5年試合をしていなかった元WBC世界バンタム級チャンピオン、辰吉丈一郎(大阪帝拳)のライセンスの特例交付再申請が期限内になされず、日本国内で試合を行う道は閉ざされた。  現役続行表明している辰吉が今後試合を行うには海外に出るしかないが、ここまでの経緯を見る限り、そこまでの人員、労力を割いてまで実現に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なつかしきNumber's BOXING III

 またぞろ、昔の Number。  今回は1992年9月、日本で行われた3つの世界戦――「平仲明信vs.モーリス・イースト」(9日=WBAジュニアウェルター級)、「鬼塚勝也vs.松村謙一」(11日=WBAジュニアバンタム級)、「辰吉丈一郎vs.ビクトル・ラバナレス」(17日=WBCバンタム級)――を報じた増刊号。・・・・そう、「増…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

辰吉がタイで復帰戦!?

 ホントにほんとうなようだけど、ホントにほんとうだとしたら…少しこわい。 http://www.daily.co.jp/ring/2008/05/04/0001003704.shtml  あきらめない、「NEVER GIVE UP」の精神は敬うべきだし、崇高なものだ。  しかし・・・ http://a-box…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

辰吉×薬師寺の“再戦”@ボクシングマガジン

 そういえばコレはまだだったか――と、『ボクシングマガジン』3月号の巻頭を見て思った。  いくらネームバリューの高い者同士の対談といえど、10ページも割いたことがこれまであったっけか、という編集上の点でも意外に感じた辰吉丈一郎×薬師寺保栄の“再戦”。  毎月きっちり刊行している専門誌相手に、ブログ更新がせいいっぱいである自分…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

浅川誠二vs.辰吉丈一郎!

 元日本フェザー級&OPBFフェザー級チャンピオンの浅川誠二と、才気煥発…若き辰吉丈一郎のスパー映像を、ひょんなことから発見! ▼浅川(黄色のグローブ&ヘッドギア)vs.辰吉(青のヘッドギア&グローブ) ▼浅川(黒のグローブ&ヘッドギア)vs.辰吉(青のヘッドギア&グローブ)  なつかしいというかなんと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大過なく定年を・・・つづき

 えらく間を空けてしまったが、この記事のつづきを。  全26戦中18戦を会場で観戦した辰吉丈一郎(大阪帝拳)――。最初は1990年9月、日本バンタム級タイトルを獲った4戦目の岡部繁戦(後楽園ホール)だった。  試合の内容と結果ももちろん、鮮烈に印象づけられたのが、初回終了ゴングのあとに見せた“シャッフル”だった。  見…
トラックバック:4
コメント:1

続きを読むread more