テーマ:ひとりごと

はや9月末…

 野球やサッカーのシーズンはクライマックスが近づき、今年はラグビーも・・・・  暑さもようやく一段落し、少し落ち着いていろいろな物事を考え楽しめる陽気になって、少しばかりホッとしている。  エロール・スペンスとショーン・ポーターの一戦も好ファイトだった。 [井]
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ALL RISE!

 突然の、ではなく予告はされていたようだけど、7月に入ってこれまでの投稿・編集機能等々を変える大規模メンテナンスがなされた、本Blog――  これまでのような使い方に戻したい場合はこちら、みたいな"逃げ道"もないような大改造をされるとは思わず(笑)。少なからぬ戸惑いを覚えつつも、まあこの機会に思い切って…と考えた少し前から、新しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震

 忘れていようがいまいが――  天災は容赦なくやってくる現実と怖さを、あらためて思い知らされる…。 [井]
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あと一歩

 野球誌の編集時代、校正等で少しばかり関わった企画がまとめられた一冊。  早いところではもうすぐ始まる、夏の都道府県大会。"悲願"が実る高校は出るのか。  内容・結果と同じくらい、試合や選手を取り巻く環境の変化も興味深い101回目だ―― [井] あと一歩!逃し続けた甲子園 47都道府県の悲願校・涙の物語KADOK…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メインよりも…

 7月20日(日本時間21日)、ラスベガスで行われる《キース・サーマン×マニー・パッキャオ》―――  のアンダーカードに、《ルイス・ネリ×ファン・カルロス・パヤノ》が組まれるようだ。  メインはもちろんだけれども、いろんな意味でこの一戦もまた興味深い。現地には行けないけど… [井]
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガッツポーズの日

 愛用するほぼ日手帳の、きのう11日のページは「ガッツポーズ」。  1974年のこの日に戴冠したガッツ石松による歓喜のポーズを、メディアが「ガッツポーズ」と表現したことが由来…という話が載っていた。 https://verymerryeveryday.1101.com/post/159415943294/%E3%82%AC%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

球の縁

 著者とダルビッシュ有との不思議な縁に、"こういうこともあるんだ…"と感じた一冊を購入。  内容は――これから。 [井] セイバーメトリクスの落とし穴 (光文社新書)光文社 お股ニキ(@omatacom) Amazonアソシエイト セイバーメトリクスの落とし穴 マネー・ボールを超える野球論 (光文社新書) [ お股ニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古今亭にはかなわねぇ。

 積ん読棚から取り出した、河出文庫『志ん生一家、おしまいの噺』―――  本文も、巻末の《立川談志×美濃部美津子 対談「古今亭にはかなわねぇ。」》も、いい感じ。 [井] 志ん生一家、おしまいの噺 (河出文庫)河出書房新社 美濃部 美津子 Amazonアソシエイト 志ん生一家、おしまいの噺 (河出文庫) [ 美濃部 美津…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和 》平成 》○○?

 30年という歳月が長いのか短いのか。感じ方は人それぞれ、思い出し方によって様々なれど――  平成になったばかりの頃は、まだプログラムも昭和感が満々。30年以上昔のモノのように見えなくもない(笑)。  元号が変わるからといって、何から何までスパッと切り替わるわけではない……か。 [井]
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"Joe Day"

 愛用するほぼ日手帳の、きょうのページを開くと――  3月27日、アメリカは「Joe Day」という記念日…「ジョー」という名前の人に、敬意をはらう日なのだそうだ。  で、誰もが自分の名前を「ジョー」に変えることができる日なのだと(女の子の場合は「ジョセフィーヌ」とか「ジョディ」に)。 https://verymerr…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全米は、泣かない。

 タイトル秀逸。  映画惹句師――という職名、初めて目にした――の関根忠郎氏(自分の父親と同い年ながら現役!)の章が、個人的にはいちばん惹かれたかな。  著者の芸人さんのこと、恥ずかしながら知らなかった…。 [井] 全米は、泣かない。あさ出版 2018-03-17 五明拓弥 Amazonアソシエイト 全米は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「やっぱ志ん生」か… ^^

 恥ずかしながら、いまだ寄席に行ったりしたことはないのだけれど……  落語や、落語にまつわるハナシを聴いたり読んだりすること、わりと好きなのであります ^^; [井] やっぱ志ん生だな!フィルムアート社 2018-06-25 ビートたけし Amazonアソシエイト やっぱ志ん生だな! [ ビートたけし ]楽天ブックス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリードと――

 クリード 炎の宿敵の公開が来週11日(金)――であることと、ボヘミアン・ラプソディをまだ観賞していなかったことを思い出した。  この2作に関連性はなく、映画というくくりで思い出しただけなのだけれど・・・・あの"WE ARE THE CHAMPIONS"はフットボール(サッカー)のことを思い浮かべて書かれ、でもってフレディ・マーキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018-2019

 30日につづいて大晦日は京口紘人に井岡一翔――  すっかり恒例化した年末のボクシング興行ラッシュは、リアルタイムですべてを堪能するには至らず。  いろいろあるんだよ…とボヤくことしかできない現状を打開する一年に、できたらいいな。 謹 賀 新 年 m(_ _)m [井]
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あぁ平成最後……

 ケニー・ベイレスがレフェリー、と聞いたときはけっこう驚いて――  でも肝心の「試合」は想像以上に痛々しいものとなり、複雑な心境で平成最後の年を越すことになってしまった…。 [井]
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

こうえつ…

 今さら聞けない――と思っているわけではないけれど(笑)、ちょっと気になる一冊をポチリ。  この年末年始に読めるかな。 [井] 校閲記者の目 あらゆるミスを見逃さないプロの技術毎日新聞出版 2017-09-01 毎日新聞校閲グループ Amazonアソシエイト 校閲記者の目 あらゆるミスを見逃さないプロの技術 [ 毎日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『終わった人』……

 学校を出て最初に入った会社(就いた仕事)で定年といわれる年齢を迎える人って、どのくらいいるんだろ。  小説とはいえ遠くない年代の話。まだ終わらない、終わってない(でも終わってると思われてる?)、などと自身のこともウジウジ顧みながら読了。  ボクシング、後楽園ホールが出てくるシーンはどう描かれているのかいないのか。映画も見て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロスポーツ大賞――

 大谷翔平が“てっぺん”をとった、2018年の日本プロスポーツ大賞。  来季は野手に専念する大谷がタイトルを獲ったり、ラグビーワールドカップで日本代表が大活躍を見せたりしたら etc.etc. “ライバル”は多くなろうけど……  2019年は井上尚弥が大賞のポジションにつくような、さらに強いインパクトを残すことに期待だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リングサイドスマイル

 何かあたらしいコトを――と、いろいろボンヤリ考えている平成最後の年末。いろいろなものを引っ張り出したり、ひっくり返したりする中で出てきた1枚に、軽く声をあげた。  トーマス・ハーンズ(左)とシュガー・レイ・レナード、なんて説明など不要の2人に遭遇 ^^v  2012年12月6日(ファン・マヌエル・マルケスがマニー・パッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「三億円」から50年…

 1968(昭和43)年12月10日の発生から50年―――  あの「三億円事件」を「計画・実行した」人によって書かれた本が、刊行されている。  軽い驚きと猜疑心を抱きながら購入。  どんな読後感になるかは…まだわからない。 [井] 府中三億円事件を計画・実行したのは私です。ポプラ社 白田 Amazonアソシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱き引き分け

 デオンティ・ワイルダーがタイソン・フューリーを下したと思ったが、コールされた結果は三者三様のドロー。  ダウンがなければフューリーの勝ちだったか、と思い少しばかり違和感は覚えたものの、あとで映像を見返すと“まあそれもありか…”だった。  あした見たらまた違う印象を抱くかw――  再戦必至かな。 [井]
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フジテレビはなぜ…!?

 言われてみるとたしかに、ひところ感じた勢いのようなものはない気がするものの、「凋落」なの? とも思う。  でもまあ、井上尚弥や村田諒太らのボクシング中継を見る限り、軟らかすぎず硬すぎず、ここ数年は好バランスを保っているように思える、かな。 [井] フジテレビはなぜ凋落したのか (新潮新書)新潮社 吉野嘉高 Amazo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高級エキシビション

 このときの予想!? に反し、大晦日に行われる《RIZIN.14》で、フロイド・メイウェザーと那須川天心による対戦が、実現することになった。  ルールの詳細はこれから決まるようだけど、キックなしの“ほぼボクシング”だそうな。  まあ、やるんだったらそうなるだろうな、といったところか。  とはいえ、打撃による異種格闘技、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜデキる男とモテる女は…

 デキもモテもしない理由はこれだけじゃないだろうけど――  最後はいつだったか思い出せないくらい、しばらくヒコーキには乗ってないな。 [井] なぜデキる男とモテる女は飛行機に乗るのか?ダイヤモンド・ビッグ社 パラダイス山元 Amazonアソシエイト なぜデキる男とモテる女は飛行機に乗るのか? [ パラダイス 山元 ]…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書という荒野

 ホセ・トーレスの著書『カシアス・クレイ』がもたらした影響が大きいという。  僕は今でも、ボクシングを人生のすべてが凝縮された最高のスポーツだと思っている ――  そうだったんだ、と少し意外に感じた一節あり、うなずけることもあり……な一冊だった。 [井] 読書という荒野 (NewsPicks Book)幻冬舎 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江夏×古葉

 1979年の日本シリーズ第7戦9回ウラ、あの「21球」のときをめぐって―――  この直接対談はまだ、だったか。  Number最新号、カープの花道。…ちょっとたのしみだ。 [井] Number(ナンバー)962号 V3から日本一へ カープの花道。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱闘

 録画中継まで情報絶ち……などもちろんできず、結果と大まかな内容を"予習"してからの視聴。  24日に行われた《田中恒成×木村翔》戦は、評判どおりの好ファイトだった。  数字が取れないという判断なのだろうか――  理由や事情はいろいろあったのだろうけれど、こうなってみるとよけい、(全国で)ライブ中継されなかったことへの…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

関東は26日深夜

 木村翔(青木)と田中恒成(畑中)によるWBOフライ級タイトルマッチは―――  関東ではライブ中継がない。  会場へ行けるのがベストなんだけど……26日深夜(27日午前)2時50分から、TBSの録画中継まで待つしかないのが残念。 [井]
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋…

 たまにぶり返すことはあるものの、ウンザリさせられた暑さはようやく落ち着き、秋の気配。  主に週末、気になるスポーツイベントも多いいい季節になった。  あまりリアルタイムで堪能できていないのが惜しいところだけど……。 [井]
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう一つの再戦…!?

 マニー・パッキャオが"SIXPAD"のPRで来日しているらしいのは知っていたが……フロイド・メイウェザーまでやって来ているとは知らなかった。  でもって、この二人が再戦する? なんてハナシや、日本で? なんて説まで飛び交っている。  あれだけ望まれていた頃は実現に至らず、具体性がないとはいえ今度は唐突に向こうから(笑)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more