オールド・ファッション・ボクシング~1 【酔いどれ前のひとりごと vol.108】

画像


vol.108 オールド・ファッション・ボクシング
~タイソンからパッキャオまで~1


 WOWOWエキサイトマッチが始まったのはいつなのか。ヒマにあかせてDVDを見返している。

 1990年12月に「マイク・タイソンの軌跡」と題して3日間の特番があった。司会進行は『江夏の21球』の故・山際淳司氏。4日目にライヴで、マイク・タイソンがアレックス・スチュワートを1RでKOした。

 このころはまだまだビデオテープの時代だった。貧乏な身の上には衛星放送は別次元のことだったが、友人の厚意で録画してもらっていた。

 当時のビデオテープの値段はいかほどだったか、メモしておけばよかったと悔いている。

 番組そっくり録画したテープを、試合以外の喋りの部分はカットして、1本のテープに少しでも多くの試合をいれようと、セコいダビングをしていた。ために、エキサイトマッチ始まりのアナウンスが見当たらず、試合もぶつ切りの編集で見苦しい。

 WOWOWより早くNHKが衛星放送を始めていたが、NHKへは積年の恨み(というと大ゲサか…)がある。

 1989年6月、シュガー・レイ・レナードとトーマス・ハーンズの再戦があった。

 こういう海外のビッグファイトはテレビ東京の独壇場だったから、放送日時をさがしたがわからない。専門誌の購読も止めていた。NHKの衛星でやるなんて頭はないから、今でも覚えているが、最寄駅界隈をなぜか一人でさ迷っていた。

 家電量販店はないが電気屋はあるからそこで訊いてみようかなんて思いながらそれもできず、もちろんケータイなんてないし、いや、ないわけではなくセカンドバッグみたいな大きさのものを友人が持っていたけど、誰にも問い合わせせず、ああ時間がないと嘆いていた。

 あきらめて、遠方の友人に愚痴ろうと電話したらNHKの衛星でやると聞いて驚いた。

 衛星放送の始まりで何かがカチリと変わった気もした。

 アイラン・バークレーとロベルト・デュランの試合は1989年2月だったが、NHK放送分は1990年12月放送のものが手許にある。

 上の2つの試合はリング・ジャパンでほとんどタイムリーにビデオ販売したが、カネがなくて購入できなかったことも思いだす。

 それでもNHKさんがボクシングをやるのはいいことだと期待してたら、ほとんど垂れ流し映像で…それはそれでいいんだけど、不定期放映も1997年くらいで終わってしまった。「レナード・ハーンズII」をNHKが放映した経緯はなんだったのか、くそったれ、今でもわからない。


 2008年12月23日、内藤大助が山口真吾を11RTKOにくだしてWBCフライ級タイトル4度目の防衛を果たした。

 テレビで見ていたら、採点でリードしている内藤に対して、実況アナは「逃げようと思えば逃げられるのに逃げません」などとヘンなことをぬかしていた。

 勝負はそんなもんじゃないだろう。野球の日本シリーズでも3連敗からの4連勝があるし、このあいだの将棋の竜王戦だって3連敗からの4連勝だった。

 勝ちが見えたようでも、なにが起こるかわからない。逃げるヒマなどないのだ。

 勝利インタビューで内藤がそれらしいことを言ったからよかったが、局の方針なのか、「逃げようと思えば逃げられる」発言に対して、ゲスト陣は降板の憂き目が見えるからか、異を唱えなかった。


▽バックナンバー
vol.107 粟生惜敗で思い出す「女神」…つづき
vol.106 粟生で思い出した「女神の機嫌」
vol.105 粟生が逃したチャンス
vol.104 がれき
vol.103 大場政夫の強さについて
vol.102 ずるずる負け
vol.101 たわごと・ざれごと・えそらごと Part 3
vol.100 日本最高試合その3
vol.99 日本最高試合その2
vol.98 日本最高試合その1
vol.97 たわごと・ざれごと・えそらごと Part 2
vol.96 たわごと・ざれごと・えそらごと
vol.95 追放
vol.94 ゴキブリ発言
vol.93 辰吉、魅惑の3番勝負
vol.92 それぞれの落日
vol.91 運の悪い男
vol.90 ロッカールーム
vol.89 重箱のスミ~2006年12月号
vol.88 重箱のスミ~2006年11月号
vol.87 アウトがセーフ
vol.86 重箱のスミ~2006年10月号
vol.85 ラウンドガールは飯島愛
vol.84 重箱のスミ~2006年9月号
vol.83 夢の始まりは…
vol.82 重箱のスミ~2006年8月号
vol.81 拳聖ふたたび
vol.80 重箱のスミ~2006年7月号
vol.79 重箱のスミ~2006年6月号
vol.78 重箱のスミ~2006年5月号
vol.77 重箱のスミ~2006年4月号
vol.76 重箱のスミ~2006年3月号
vol.75 悪いのはだれだ? おれだ…
vol.74 オサム会長はおっきいのがお好き
vol.73 重箱のスミ~2006年2月号
vol.72以前 夜明け前,カメダ・ワールド,重箱のスミ~2006年1月号,逆転の貴公子,ほんの少しの恐怖,ジャブを出せ,ガッツ石松 vs ロベルト・デュラン~もちろん架空~エキジビション,最強という名の幻想,年間最高試合について,これぞ伝説,アリ、フレージャー、そしてフォアマン,だけどファイティング原田は好きだった,なんとなく空想対決[G.フォアマン vs B.サップ],拳聖....etc.


■酔田振男(よった・ふりお)
1953年生れ、東京都出身。街頭テレビで藤猛vsニコリノ・ローチェを見てボクシングに惹かれ、観戦通いを始める。今はもっぱらテレビ観戦。ここ数年は週2回のキャバクラ通いに余念がなかったが、年のせいか近頃控えめ。(有)トランス企画社長。独身。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック