アリとマイアミ

 日本時間4月5日、マイアミ(旧フロリダ)・マーリンズの新球場で行われた2012年の開幕戦で、モハメド・アリが始球式のセレモニーに登場した。

http://mlb.mlb.com/video/play.jsp?content_id=20382215


 マイアミは、1964年2月にソニー・リストンをくだして世界ヘビー級タイトルを奪った“ゆかりの地”――

 ニューヨークのヤンキースタジアムやヒューストンのアストロドームなどでも闘っていることで、こういう場に出てくることも多かったが(2004年にヒューストンで開催されたオールスターゲームにも登場)、今回は痛々しかった。

 老いと病。アリに限らず誰もが無縁でいられないこととはいえ、見るほうもつらい状態になってしまっている現実が悲しい……。

[井]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック