迷勝負のナゾ

 テレビと会場でのライブ観戦、会場でも見る位置や距離によって見え方は違う――よくあることだが、昨日の「ティモシー・ブラッドリー×マニー・パッキャオ」の一戦に下った判定(勝敗)に関しては例外だったようだ。

 どうしてあんなことになったんだろう。

画像 人気や実績のある選手、より“商品価値”の高い選手のほうにポイントが振られることがあるのはわからなくないが、衰えつつあるとはいえ7年以上敗戦と無縁だったパッキャオが“被害”に遭ったという点でも、意外な結末だった。

 パッキャオはパッキャオで、不満や悔しさをまくしたてるどころか、拍子抜けするくらい淡々としていて・・・・なんだろ、この違和感。

 ナゾだ。

[井]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック