再審決定

 「袴田事件」再審決定の報――

 袴田氏本人の失われた時間が戻せないのは残念としか言いようがないものの、遅まきながら下されるべき決定が下されたことに、当事者でなくてもひとまず安堵を覚える。


 再審で今度こそまっとうな判決が下され、確定することを祈るばかり。

[井]

この記事へのコメント

酔田
2014年04月03日 00:14
「地獄のゴングが鳴った」という本をだいぶ前に読んで、事件のあらましを知った。裁く側にボクシングへの侮蔑があると、ゲスの勘ぐりだけど、思った。真犯人は今もほくそ笑んでいるのかね。
[井]
2014年04月03日 21:57
これでもまだ不服を申し立てる検察…よほど覆ると不都合な何かがあったり、困る人がいるのか。

ナゾですな。

この記事へのトラックバック