NO MAS Nery

 闘った結果、ルイス・ネリが山中慎介を返り討ちにしたことはもう変えようがない。

 しかし闘うまでに遵守されるべき過程と前提が問題だらけだったのは、誰もがわかっていることだろう。

画像 私は無敗を守った。失った王座は勝って取り戻せばいい――

 2.3キロも超過という、確信犯といっていいレベルの恥ずべき義務放棄をしでかしておきながら、ネリは猛々しく そう言ったらしい。

 やらかした張本人は恥ずかしげもなく…もはや「タイトル剥奪」なんて、ペナルティとしてまったく意味をなしていない現実。

 やはり「やってはいけない」試合だったと思うのと同時に、記録も「反則負け」の扱いにし、ファイトマネーの減額や没収といった制裁も科すようなルールを確立しなきゃいけないだろう。

 ネリが体重オーバーしていなくても同じ結果になったかもしれないが、だからといってこんな"やらかしたもん勝ち"のままにしておいていいワケもない。


 一日たってもまだ、同じことを強く思っている。

[井]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック