Around GGG

 初回、おっ!? と思わせる被弾があり、長引けばこういうシーンも増えるか、なんて少しドキドキしたが――

画像 役者が違った。

 ゲンナディ・ゴロフキンはバーネス・マーティロスヤンの追撃など許さず圧力を強め、つづく2回にあっさり仕留めた。

 次、そしてその次…ほんとうに村田諒太もからんだ戦力図になっていくのかどうか。だれが止めるのか。

 気になるけれど、その前に来週の《リナレス×ロマチェンコ》をリアルタイムで見るためのテを考えなきゃいかんかな ^^;

[井]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック