プロスポーツ大賞――

 大谷翔平が“てっぺん”をとった、2018年の日本プロスポーツ大賞。

 来季は野手に専念する大谷がタイトルを獲ったり、ラグビーワールドカップで日本代表が大活躍を見せたりしたら etc.etc. “ライバル”は多くなろうけど……

 2019年は井上尚弥が大賞のポジションにつくような、さらに強いインパクトを残すことに期待だ。

[井]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック