ハイこれまでョ

 おのれのクビとったるとかおれはどうなってもいいと啖呵切って・・・・という報道を目にしていたけれど、亀田史郎氏、結局「電撃謝罪」なさったみたい。

 まあ…いくら神妙に見せたところで、さすがにもう不問にする余地なんてないでしょ、というのがまともな考え方だよな。

 けれども、本来抗議する立場にない人間の抗議に「なんでございましょう」とばかりにノコノコ出て行った(らしい)というめでたいお方たちのこと。さっさとダメ出しすべき案件を何カ月もグズグズほったらかし続けた面々のことだ。

 どんな“サプライズ・デシジョン”が待っているやら…。


 数々の愚行・蛮行によってライセンスを停止されたにもかかわらず、「今まで我慢してきた」など被害者と思っているかのような認識でいる。

 抗議する権限がない立場で、しかもライセンス再交付を申請中なのにその申請相手に向かってどうしようもない暴言を浴びせる。

 それが立場上よろしくないことという認識によってふつうならかかるはずのブレーキが、まったく効かせられない。

 負け試合を負けと判定されただけで逆上し、見境をなくす。

 などなどなど、“無免許”ですらこの有様。再犯の可能性も高いと疑うに足りる相当な“実績”が多々――そう思料するけれども、ボクシング屋さんたちのご見解はいかに?

[井]

"ハイこれまでョ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント