テーマ:山中慎介

山中慎介の流儀

 ハウスキーピング?  照れたような笑みを浮かべて密着最後のインタビュールームに現れた山中慎介。  いろいろありはしたものの、ルイス・ネリには勝てなかった。文字通り悔いがないことはないと思うが、自分が尽くすべきベストを尽くしたという誇り・流儀、潔さ――  プロフェショナル 仕事の流儀(NHK)を見返して、感じていた切な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山中慎介、なぜ負けた 【酔いどれ前のひとりごと vol.194】

vol.194 山中慎介、なぜ負けた  鮮やかなKOで山中慎介が勝つことを願っていた。無法者を成敗し、途切れた夢の修復が見られることを待っていた。  山中、なぜ負けた。  勝ってほしい選手が負けると、痛烈に負けるとなおのこと、なぜ負けたのか、思いめぐらせて、僕は堂々巡りの一人旅、プチ徘徊になる。  イラリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村田の至言

 村田諒太Facebookページの、きょう(3/3)の投稿内容に、賛同。  一部抜粋させてもらうとーーー ルールも守らん、どうにもならん奴は、相手しちゃいけないってことです 興行も潰されかねないし、そんな奴に儲けさせる必要はないので、無視してしまう方が賢明でしょう 舐め腐ったことして、なんもナシで済むと思うなと ボクシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NO MAS Nery

 闘った結果、ルイス・ネリが山中慎介を返り討ちにしたことはもう変えようがない。  しかし闘うまでに遵守されるべき過程と前提が問題だらけだったのは、誰もがわかっていることだろう。  私は無敗を守った。失った王座は勝って取り戻せばいい――  2.3キロも超過という、確信犯といっていいレベルの恥ずべき義務放棄をしでかしておき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山中ロス

 こうなってしまうかァ…と、なんともいえない虚脱感に見舞われる残念な結末だった。  ルイス・ネリがオーバーウェートせず、"正常に"行われたとしても、同じ展開と結果になったかもしれない。  勝ってもこれが最後と決めていたらしい山中慎介は、それでも闘わせてほしいと言ったかもしれないけれど、今回はやってはいけない一戦じゃなかったか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リマッチはあした…

 あしたに迫った、《ルイス・ネリ×山中慎介》のリターンマッチ。  心理的な面も含め優位に立つのはやはりネリか。  今回はライブ観戦できそうもないが――  3月1日が「○年前のこの日は~」と思い出すことが多くなるような一戦になることを望む。  なんてのんきに思ってたら、計量で「ネリが2.3kgオーバー」…で、2度目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Fightweek on TV

 来週3月1日(木)に東京・両国国技館で行われる、山中慎介とルイス・ネリによるWBC世界バンタム級タイトルマッチを中心に…ボクシング関連番組が多々。    まずJ SPORTSの各チャンネルで放送されているドキュメンタリー"The REAL"、元世界ヘビー級王者マイク・タイソン ボクシング界を魅了した男。  25日の朝6時15…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロフェッショナル――再び

 3月5日(月)、夜10時25分からオンエアされる予定のプロフェッショナル 仕事の流儀(NHK)は――  昨年8月につづいて再び、プロボクサー・山中慎介の登場。  ルイス・ネリとのリターンマッチがどういう内容と結果になるか。  3月1日(木)、東京・両国国技館。  ちょっと前に放送された路線バスで寄り道の旅(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイレクトリマッチ!

 ポスター新作をまた一つ。3月1日(木)、東京・両国国技館――  山中慎介(帝拳)とルイス・ネリ(メキシコ)が再び拳を交える、WBC世界バンタム級タイトルマッチ!  プラス、岩佐亮佑(セレス)が初防衛に挑む、IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ!! art direction & design by …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リターンマッチ

 山中慎介とルイス・ネリによるリターンマッチが、決まった。  ネリの禁止薬物陽性反応発覚が“ノープロブレム”扱いされていることへの強い疑念と不信、それじゃダメだろ…な感はぬぐえないままだけれども――  だから負けた…ではなく、それでも勝って雪辱し取り返した、となってほしいと思うばかりだ。  3月1日(木)、東京・両国国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネリに禁止薬物陽性反応(!?)

 山中慎介(帝拳)の《V13》を阻んで新チャンピオンになった、ルイス・ネリ(メキシコ)に―― http://fightnews.com/wbc-bantam-champ-nery-failed-drug-test/3477 http://www.hochi.co.jp/sports/boxing/20170824-OHT1T50…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「プロフェッショナル」を見た

 プロフェッショナル 仕事の流儀(NHK)は――  節目の《V13》達成はならず前チャンピオンとなってしまった、山中慎介。  喪失感、残念感は今もぬぐえないけれど……  こちらの想像以上に陣営はネリを評価していて、いろいろな迷いもあったように見受けた。  25日(24日深夜)に再放送があるようだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロフェッショナル

 8月21日(月)夜にオンエアされる予定の、プロフェッショナル 仕事の流儀(NHK)は――  プロボクサー・山中慎介。  可能性の一つとしてもちろん想定してはいたろうが、節目の《V13》はならず敗戦、またストップのタイミングや是非で紛糾…  どうまとめられているんだろ。 [井]
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怖かった ~山中V13ならず~ 【酔いどれ前のひとりごと vol.183】

vol.183 怖かった ~山中V13ならず~  1ラウンドの挑戦者の、斜め下から来るフックを見て、これが狙いのパンチか、だけど王者ならすぐに慣れて見えるだろうと思った。しかしラウンドが進むにつれて怖くなってきた。  先に当てたもん勝ちか。が、気になってしょうがないのは距離だった。王者の距離じゃない。挑戦者の距離だ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山中慎介が敗れた…

 試合を決めたのは《神の左》ではなく、自陣が投げ入れたタオル――  WBC世界バンタム級王座に君臨、12度にわたって防衛してきた山中慎介(帝拳)はルイス・ネリ(メキシコ)に4回2分29秒TKOで敗れた。  現役でいればいつか訪れるものとわかっちゃいても…  なんとなく、杞憂ですめばいいと思っていた悪い予感が現実になり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

The REAL――

 ポスター新作は――  なるか、山中慎介V13…8月15日(火)に京都で開催の《The REAL》! art direction & design by andodesign ← 「石の拳」カバーデザインも! http://www.facebook.com/media/set/?set=a.279905045353…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山中慎介V13なるか 【酔いどれ前のひとりごと vol.181】

vol.181 山中慎介V13なるか  内山高志がV11を果たしてから、《具志堅用高V13》がいよいよ破られる時が近づいてきたと思った。  内山だけではない。続いて山中慎介も超えていくかもしれない。同時代に日本人ボクサー2人が具志堅超えをしていくのか。  具志堅引退後、10年足らずで、その防衛記録を同クラスの韓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山中V12

 ポスター新作は――  きのう2日(木)に行われた山中慎介のV12戦、World Premium Boxing!  近年、長谷川穂積や内山高志も近づいた、具志堅用高の持つ《13》の記録。夏に追いつき、暮れに追い越すスケジュール…となるのかどうか。  見ていて、期待通りに左で仕留めた"神"っぷりに脱帽するのと同時に、少な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The REAL!

 最終的には山中慎介が持つ底力と凄味のようなものが少し勝り、アンセルモ・モレノを返り討ちにしたが――  両雄ともに勇敢。逆の結果になってもおかしくなかった、スリリングで緊迫感あるすばらしい再戦。  仮に山中が敗れる結果になっていたとしても、"こういう試合が見たかったんだ"と思える、トップレベル同士の濃密な好ファイトだった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山中V10

 リボリオ・ソリスを3-0の判定で下し、WBC世界バンタム級タイトルを防衛した山中慎介。  2度のダウンを喫した3回以外は、そこまでのピンチに見舞われることがなかったとはいえ、スコアほどの差を感じられない内容。ソリスも勇敢だった。  一撃で試合を終わらせられる力を持ち、実際にそのパンチで何人も沈め、迎えた"V10"戦。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山中、危なかった 【酔いどれ前のひとりごと vol.159】

vol.159 山中、危なかった  山中慎介×アンセルモ・モレノ戦を観戦した。  選手入場前に起立してリングを見ながら国歌を聴くのは、神様のいない御輿を見つめるようで味気ないが、テレビとの折り合いで止むを得ないか。  序盤、射程をはかりながら「さぐる」から「仕留める」へ、モードを切り変えて、あとはピンポイント爆…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神と幽霊

 あさって22日(火・祝)に行われるWBC世界バンタム級タイトルマッチ――  チャンピオン山中慎介(帝拳)、挑戦者アンセルモ・モレノ(パナマ)ともに、黒のグローブを使用するようだ。  モレノは「黒は私に幸運を運んでくる色」と語り、用意されていた青ではなく、山中と同じ黒いグローブの使用を望んだのだとか。  以前から感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山中×モレノ!!

 ポスター新作、こんどは要注目の"World Premium Boxing" 22――山中慎介vs.アンセルモ・モレノ!  9月22日(火・祝)、東京・大田区総合体育館。The REAL、楽しみだね。 art direction & design by andodesign ← 「石の拳」カバーデザインも! http:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8度目も強かった 【酔いどれ前のひとりごと vol.150】

vol.150 8度目も強かった  山中慎介、強いねえ。  1ラウンド始まって、ああ挑戦者は中へ入れないなあ、それほどに山中のオーラのバリアが凄いんだなあって、もう勝負は見えているんじゃないかって、だけど何があるかわかんないからなあって。  南米出身のベールに包まれた無敗の挑戦者、にしては力足らずに見えてきて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WPB 21

 大阪で行われるWBC世界バンタム級タイトルマッチ《山中慎介×ディエゴ・サンティリャン》は、あした。  計量も無事にすんだようで、山中117ポンド3/4(53.4キロ)、サンティリャンは117ポンド1/2(53.3キロ)。  ライブはおろか今のところリアルタイムでのテレビ観戦もあやしいけれど、今年初となる日本開催の世界戦。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

World Premium Boxing 21

 新作ポスターを一つ……  4月16日(木)、大阪・BODYMAKER コロシアムで開催の「The REAL――WORLD PREMIUM BOXING VOL.21」。  メインは山中慎介(帝拳)8度目の防衛戦となるWBC世界バンタム級タイトルマッチ、アンダーカードには辰吉寿以輝(大阪帝拳)のプロデビュー戦も! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴロフキン&ドネア、山中と黒いグローブ

 見たかった試合の録画をようやく見られた。  セミでノニト・ドネアがニコラス・ウォータースの前に沈んだあと、ゲンナディ・ゴロフキンはマルコ・アントニオ・ルビオを一蹴。スタブハブ・センター(前は「ホームデポ・センター」だったっけ)、ドネアvs.西岡戦で行ったのはもう2年前か・・・・なんてことも思い出したw  フルラウンド闘い6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"The REAL" .... Coming soon

 前日計量も無事に済んだようで、あしたのゴングを待つばかりとなった"The REAL"――  第1試合開始は午後5時。  で、日本テレビの中継は午後7時56分から。  予備カードを含めて全7試合。  自分はテレビ中継もリアルタイムで見られるかどうかあやしい。  会場へ行ける人がうらやましい・・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「来週は山中慎介」

 日本テレビで「巨人×阪神」のクライマックスシリーズ、ファイナルステージ第1戦を見ていたら・・・・ 《来週のこの時間は山中慎介》といった小さな番宣を目にした。  22日(水)は、セ・パともに日本シリーズ進出チームも決まり(クライマックスシリーズ予備日になってはいるけど)、25日(土)に始まる日本シリーズをひかえ、かつドラフト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4.23――山中&長谷川ダブル

 WBC世界バンタム級チャンピオンの山中慎介(帝拳)がシュテファーヌ・ジャモエ(ベルギー)を迎え撃ち、長谷川穂積(真正)がIBF世界スーパーバンタム級チャンピオンのキコ・マルチネス(スペイン)に挑むダブルタイトルマッチが決まった。  日時は4月23日(水)、会場は大阪城ホール。  しばらく行ってない大阪城ホール、行きたい。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more